読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

博士論文を乗り切った私の使って良かった必須アイテム・グッズ10選

Things Things-グッズ

f:id:ibookwormer:20170112174230j:plain

みなさんこんにちは、Ichiです。今日は、博士論文をとりあえず乗り切った私から、実際に使って良かったアイテム・グッズをご紹介していきます。

 

基本的に根気の勝負になってきますので、その根気・モチベーションを保つようなアイテム・グッズが基本的に役立つと思っています。劇的に状況を変えるためのアイテムは存在しません!そんな希望は捨てましょう。

 

使って良かったアイテム・グッズ10

Body Make Seat Style

論文を書くときには基本的にイスに座って作業することが多いと思いますが、私は猫背気味なので、それもあって腰を痛める事が多いです。腰痛を抱えながら論文なんて書いてられません。

 

ということで何気なく助教の先生にポロっと言ったところ「コレ良いよ!」と紹介されたのがこちらのBody Make Seat Styleという座位姿勢を矯正するシートです。

 

どこにでも置くことが出来るので、オフィスチェアにも置くことができます。良いオフィスチェアを使っていれば、そもそも腰への負担が少ないと思いますが、たいてい大学院生のイスなんてしょぼいので、コレを載せると結構いい感じです。

 

腰の上の辺りがホールドされるような感じで座ることができるので、結構快適に座り仕事が出来るように思います。地面に直接置いて座椅子のようにも使えるみたいですが、ちょっとお尻が痛くなります。基本的にイスの上に設置して使ってます。

 

私の場合、身長が181cm、体重が74kgなので、多少小さめに感じますが、もう少し小さめの方であればよりフィット感があると思います。ただ、小柄な女性の方だと、合わない可能性が高いので、クッションタイプのモノの方が合うんじゃないでしょうか。

 

家電量販店や東急ハンズなどに置いてあるので、実際に座ってみるのが良いですね。

 

蒸気でホットアイマスク

やはり論文を書いていて一番消耗するのは"目"なんですよね。書き始めの頃はまだいいんですが、どんどんと眼精疲労が蓄積していって、しんどくなってきます。そこで、目に対するケアをしてあげると少し楽になります。

 

まず、蒸気でホットアイマスクですが、これは今回のアイテムの中でもダントツでイチ推しですね。相当良いです。一回使ってみてもらいたいです。

 

パックを開けると約10分間ぐらい蒸気つきで温まってくれるので、目に装着して、リフレッシュすることが出来ます。私の場合、主に気分転換に使っていました。10分間というのが丁度いい時間なんですよね。

 

装着して、じんわりの目元が温まっていくのが疲れた目に気持ちいいです。10分経って外してみると目元がしっとりしています。汗なのか蒸気なのか分からないですが、蒸気だと思うと、心地よいです。

 

もちろん寝る前につけてリフレッシュしながら寝落ちするのもアリです。

 

香りとか色々ありますが、どれを選べばいいか迷う方無香料のタイプにすると良いと思います。個人的にはラベンダーの香りつきを使っていましたが、メンソール入りのシャキッと出来るタイプのものもおすすめです。

 

ちなみに、ちょっと貧乏くさい感じで恐縮なのですが、使い終わった後に首にかけておくと、ほんのり温かくて気持ちいいです。

 

疲れ目用点眼薬

どうしても長時間画面を見ているとドライアイになりやすいです。特にコンタクトレンズを使用している方にとっては深刻な問題で、夜遅くになってくると、目がシパシパしてくる事が多いと思います。

 

できればコンタクトを外して作業したいところですが、とりあえず目薬を使ってその場をしのぐことも多くありました。

 

コンタクトでも使えるドライアイ用の目薬も売っているんですけど、何だかレンズが浮いて上手く目に合わなくなったりすることがあったので、基本的には疲れ目用の点眼薬を使う事の方が多かったですね。

 

1つデスクに置いておいて、容量をチェックして定期的に点眼すると思っているより効果があります。ぜひ試してみてください。

 

ロキソニンテープ

f:id:ibookwormer:20170112123732j:plain

目の次に身体にボロが出てくるとしたら、恐らく肩です。肩こりは個人差が大きいと思っていて、私もあまり肩こりしない方だと思っていたんですが、流石に博士論文に取り組んでいた時期には、肩と首の辺りが辛かったです。

 

一番いいと思うのは、このロキソプロフェンナトリウムのテープなんですが、残念ながら、市販はされていません。整形外科とかで肩こりの相談をすれば、きっと出してくれると思います。

 

市販品でも効果はあると思いますので、わざわざ病院行くのが面倒な方は、市販品で代用するのもいいと思います。ただ、どちらの場合も、連続して使用していると、かゆみなどの皮膚トラブルがあるので、場所をずらしたり工夫がする必要があります。

 

濡れマスク

体調を崩すのが一番ピンチなので、この時期は体調に気をつけたいものです。一番の対策としては手洗い&うがいをやはり推奨したいところですが、それ以外にも対策があります。

 

部屋が乾燥する事が多いので、濡れマスクを装着すると、のどへのダメージはかなり軽減されるのが実体験としてあります。夜寝る時に使って、そのまま普通のマスクとして装着して大学に行くのもアリです。

 

ただ、論文を書いている時に着けると、メガネの方は高確率で曇るので、なるべく寝る際に装着する用途で使用した方が良いと思います。

 

イヤホン&プライムミュージック

無音派だったり、音楽を聴いたり、雑音の中に身を置いたり、集中するときには様々なタイプの人がいると思います。私の場合、モチベーションを保つということで、結構音楽を聴きながら作業することが多いです。

 

そういった意味では、1つ良いイヤホンがあるとテンションが上がります。

 

研究室で作業する場合には、その環境というか体質によると思いますが、雑用を頼まれやすい様な環境の場合、イヤホンをして声をかけにくくする様な対策をしても良いと思いますね。

 

ある程度周りの状況が分かるように少し解放気味のイヤホンを使うのも良いですが、ノイズキャンセリング機能のあるイヤホンを使って、ガッツリ自分の世界に入るのがおすすめです。

 

f:id:ibookwormer:20161227102404j:plain

あと、結構困るのが音源です。

 

前はYoutubeとかで、作業用BGMとかを探して聞いたりしていましたが、結構マンネリ化してきますし、プレイリストを作っても、広告がウザかったりします

 

iTunesとかでお気に入りの音楽を集めるのは時間とお金がかかるので、よく利用していたのは、Amazonのプライムミュージックです。

 

プライム会員じゃないと使えないので、有料なんですけど、iTunesとかでお金使ったり、Youtubeでいちいち広告見るのに比べたら良いと思います。他のサービスも充実していますし、プライムビデオ見始めると完全に終わりますが...。

 

このプライムミュージックでは、ジャンル別に選べたり、あらかじめ作られたプレイリストを再生したりするのも良いんですが、私が作業用として使っていたのは「プライムラジオ」という項目です。

 

ジャンルを選ぶと、そのジャンルの曲がランダムで永遠に再生されます。嫌いな曲はワンタッチで排除できるし、スマホのアプリで再生するときに画面をオフ状態にできるのが個人的には便利なポイントでした。結構おすすめ。

 

ブックスタンド・ファイル

あと、テクニカルな部分として、ブックスタンドとファイルはやっぱり便利です。参考論文さがす時には、大体PDFで何とか入手出来たりしますが、どうしても取り寄せないといけない場合に紙でしか入手できない場合があります。

 

こういった論文や書籍などを参考に論文を書く場合に、こういったブックスタンドがあると、目線の移動が少なく、手で抑えたりする負担も少なくできるので、ストレスが減ります

 

後は紙文献を整理しておくのに、マチの多いファイルがあると、やはり整理しておくのに便利なので、こちらも何個か持っておくと、後々響いてきますね。ポストイットでメモを貼り付けておくのも良いです。

 

エナジードリンク

勝負をかけたい日や、ブーストしたい時にはやっぱりコレですね。糖分が多いので、毎日飲んだりするのは身体に良くないので止めましょう。ドリンク自体の効能というよりは、思い込みの力なので、「今日は頑張れる!」って全力で思い込みましょう。

 

味的なお話だと、個人的にはレッドブルが好きです。時点でモンスターエナジーかな。

 

モンスターエナジーは味がいっぱいありますが、通常版が一番好きです。カオス味は飲んでみましたが、あれはダメでした。ゼロとウルトラはまぁまぁです。

 

あったら良かったなと思うアイテム・グッズ

多機能マウス

これは私は使ってなかったんですが、多機能というか、ボタンが付いたマウスを使っていれば、ショットカットキーにコピー・カット・ペーストを配置していたら、便利だったんじゃないかなーと思っています。

 

もちろんネットとか、論文からのコピペを推奨する使い方じゃないですよ。私の場合、論文を構成していく時に自分の論文の中でカット・ペーストを多用しました。「ctr+x」とか「ctr+v」とかのコマンドも使いますが、マウスで操作できたほうが楽です。

 

エクセルでデータ管理している時に横方向の移動操作も、トラックボールがあれば便利ですし、比較的安く買えるので、購入しておけばよかったなと思っています。

 

首マッサージ器

ロキソニンテープは貼っていましたけど、やっぱりコリが酷くなると自分で首の付け根とかを揉んだりしていました。自分で揉むのも良いですが、やっぱり機械を使ってやった方が効率良いなというのが感想です。

 

首・肩コースのマッサージとかも行ったりして、施術自体は気持ちが良いんですが、意外と混んでいて予約したりするのが面倒です。お店で1回揉んでもらうのと同じぐらいの価格で買えてしまうので、早めに買えば良かったとこちらも思っています。

 

 

ということで、論文に励んでいる院生の方には頑張ってもらいたいと思います。劇的に進むということは無いですが、モチベーションを保つグッズを使って、1歩1歩やっていきましょう!

Copyright© 2015-2016 life-abstract.com All Rights Reserved