Amazonプライム会員を年会費から徹底検討!本当にお得なサービスなのか?

こんにちは、Ichi先輩@Abstract1Life)です!

会員数がみるみるうちに増えているAmazonプライムですが「本当にお得なサービスなのか?」気になりますよね。

  • どんなサービスがあるのか?
  • おすすめのサービスはどれか?
  • 年会費はいくらかかるのか?
  • 年会費に見合うサービスなのか?

今回の記事では、日ごろからAmazonプライムを利用している者として、以上の部分に重点を置いて徹底的に検討していこうと思います。

2018年のAmazonプライムデーに関する情報はコチラの記事から!

【2018】Amazonプライムデー情報まとめ|おすすめセール商品を解説

Amazonプライムとは?

まず「Amazonプライムって何?」という基本的な解説をしていきます。

AmazonプライムAmazonが提供する有料会員サービスで、年会費を支払うことで無料会員よりも優遇されたサービスを受けられるというものです。Amazon会員の種類3種類あります。

  1. Amazon Student会員(有料)
  2. Amazon プライム会員(有料)
  3. Amazon 通常会員(無料)

無料のAmazon通常会員もありますが、有料会員登録をすると大幅に使用できるサービスが増えるというワケです。

 

3種類のAmazon会員の種類

先ほど3種類の会員の種類をお示ししましたが、詳細について説明しておこうと思います。

  1. Amazon Student会員(有料)
  2. Amazon プライム会員(有料)
  3. Amazon 通常会員(無料)

基本的には有料か無料かの2択で、有料サービスは条件によって「Student会員」「プライム会員」が分類されるというのが分かりやすいかと思います。

  • 有料:Amazon Student会員・Amazon プライム会員
  • 無料:Amazon 通常会員

有料会員の条件の分け方は簡単で、日本国内の大学院・大学・短期大学・専門学校・高等専門学校に通う学生は「Student会員」その他は「プライム会員」になります。

学生でも「プライム会員」を選ぶことは出来ますが、学生ではない人が「Student会員」に登録することは出来ません。


有料会員の年会費について

有料会員の「プライム会員」と「Student会員」の大きな違いは年会費です。

学生さんの場合には年会費が2000円安いけれど、一部の有料サービス(Amazon製品の割引)が使用不可となっています。

  • Student会員:1,900円/年(月額換算約159円)
  • プライム会員:3,900円/年(月額換算約325円)

月額が3,900円だと勘違いされている方を見かけますが、1年間で3,900円なので、他の有料のサービスと比べるとかなり安いジャンルに位置する年会費だと思います。

  • 有料動画サービス:11,760円/年(月額換算約980円)
  • Evernote Business:13,200円/年(月額換算約1,100円)
  • スポーツジム:96,000円/年(月額換算約8,000円)

この「3,900円」という年会費を支払う事によって、以下のAmazonの有料サービスが受けられるようになります。

Amazonプライム会員登録・無料体験はこちら

参考 Amazonプライム会員無料体験Amazon公式サイト

 

Amazonプライム会員向けサービス

肝心のAmazonプライム会員向けのサービスについて解説していきます。

1.プライムビデオ:映画・ドラマ・アニメ見放題

f:id:ibookwormer:20161224164202j:plain

Amazonには映画・アニメ・ドラマをストリーミング・ダウンロードできるサービスがありますが、プライム会員は一部のコンテンツが無料で見放題です。

さらに「プライム会員限定動画」として様々なオリジナル作品が製作されて、それも無料で視聴することが可能です。

▼ オリジナル作品例

  • ドキュメンタル
  • バチェラージャパン

動画配信サービスは他にも色々ありますが、月額料金を比べてみると「Amazonプライム」が圧倒的に安いです。

  • Hulu:月額980円
  • Netflix:月額650円-1,450円
  • dTV:月額500円
  • Amazonプライム:月額325円

しかも「プライムビデオ」は「Amazonプライム」のサービスの1つでしかないというのがAmazonの恐ろしいポテンシャルを感じさせます。

見放題なのは一部のコンテンツですが、メジャーな作品も多くて他の動画配信サービスでは取り扱っていない作品も多く収録しているのが強みです。

特におすすめな動画は下記の記事で紹介しているので、気になる方はコチラからチェックしてください。アプリでスマホからも視聴できますよ!

【2018年版】Amazonプライムビデオで見放題のおすすめラインナップ100選【アニメ・ドラマ・映画】 Amazonプライムビデオ:ドキュメンタルの評価と感想【動画】
ダウンロードはコチラ!

Amazon プライム・ビデオ

Amazon プライム・ビデオ
開発元:AMZN Mobile LLC
無料
posted withアプリーチ

2.お急ぎ便・日時指定便:無料で使い放題+送料無料

Amazonで買った商品を配送してもらう際に選択可能なオプションのお急ぎ便・日時指定便が無料で使い放題です。さらに、少額(2,000円未満)商品の配送にかかる送料も無料になります。

  • お急ぎ便(360円)⇒ 無料
  • 日時指定便(360円)⇒ 無料
  • 少額商品の送料(350円)⇒ 無料

宅配ボックスが無いと再配達の手配が面倒なので、日時指定便が使い放題なのはかなり便利です。

注意
無料配送は「プライム」という記号がついている商品のみの適用ですが、多くの商品が対象になっています。
ダウンロードはコチラ!

Amazon ショッピングアプリ

Amazon ショッピングアプリ
開発元:AMZN Mobile LLC
無料
posted withアプリーチ

3.Prime Music:音楽100万曲が聞き放題

約100万曲の音楽が聞き放題になるサービスで、プレイリストの自作・既存のプレイリストの利用・個別で曲を選んで聞くなど色々な使い方が可能です。

個人的におすすめなのは「プライムラジオ」という、ジャンルを選ぶとランダムで曲を流してくれる機能です。

Youtubeで「作業用BGM」などを検索して利用している方は、広告なしで聞けるプライムラジオを作業用BGMとして利用するのをおすすめします。

好みじゃない曲が流れた時には、ボタン1つ押すだけで次回から流さないようにしてくれたり、スマホで画面をスリープさせた状態でも聞けるといった様に、かゆい所に手が届く仕様が嬉しいです。

ダウンロードはコチラ!

Amazon Music

Amazon Music
開発元:AMZN Mobile LLC
無料
posted withアプリーチ

ちなみに、Prime Musicを進化させたサービスが「Amazon Music Unlimited」というモノです。

Amazon Music Unlimited:月額980円で4,000万曲が聞き放題+楽曲オフライン視聴可能

プライム会員は割引で月額780円でお得に使う事が出来るようになっています。Prime musicに比べて最新の曲・人気の曲が増えているので、メインの音楽ソフトとして使うのに向いています。

現在はキャンペーンで4カ月で99円という破格のサービスをしているので、ぜひお試しで登録してみるのをおすすめします。

詳細は下記リンクからご確認ください。

参考 Amazon Music Unlimited詳細Amazon公式

4.限定セールへの入場・先行入場可能

Amazonでは定期的にセールを開催しますが、プライム会員だと会員限定セール(プライムデー)やその他のセールへ先行入場(30分前)することが可能です。

今年のプライムデーの情報は下記記事からご確認ください。

【2018】Amazonプライムデー情報まとめ|おすすめセール商品を解説

人気商品はプライム会員向けの先行入場の時点でほぼ売り切れてしまうので、お得なセール品を狙う場合にはプライム会員であることがほぼ必須な状況になっています。

私自身もセールで色々な商品を購入していて、大規模な「サイバーマンデーセール」では先行入場することで下記商品を格安で入手する事が出来ました。

  • LGモニタ34インチ:42,000円 ⇒ 33,980円
  • ゼンハイザーヘッドホン:25,000円 ⇒ 18,000円

セールで確実にお得な商品を入手したいのであれば、プライム会員になっておくのがおすすめです。無料体験でもセールに先行入場できるので、セール前に体験入会するのもアリだと思います。

Amazonプライム会員登録・無料体験はこちら

ダウンロードはコチラ!

Amazon ショッピングアプリ

Amazon ショッピングアプリ
開発元:AMZN Mobile LLC
無料
posted withアプリーチ

5.Amazon関連商品が大幅割引

Amazon関連商品が大幅割引で購入できます。具体的に言えば「Kindle」と「Fireタブレット」が割引価格で購入できるという事です。

  • Kindle:電子書籍の読書専用のタブレットで読みさすさを追求したモデル
  • Fireタブレット:アプリを入れて映画やインターネットを楽しめるタブレット端末

プライム会員であればどちらの端末でも4,000円以上OFFで購入可能で、時期によっては7,000円以上OFFになる場合もあります。年会費が3,900円なので、これらの商品を購入するのであれば入会した方が確実にお得です。

どちらの端末も保持していますが、個人的な使用感で言うと「KIndle」は白黒での表示しか出来ないという点とページめくりの際のちらつきが気になってあまり積極的には使っていません。この辺りは個人の好みの問題です。

ただ、紙の本は場所を取るので購入するのは電子書籍に切り替えており「kindle」のアプリで主に電子書籍は読むようにしています。コチラはカラーもOKでページめくりもなめらかです。

ダウンロードはコチラ!

Kindle

Kindle
開発元:AMZN Mobile LLC
無料
posted withアプリーチ

一方で「Fireタブレット」は取り回しも良くて持ち歩きやすいので、簡易的なタブレットとして家の中で大活躍しています。

家事をする時のBGM代わりとして動画を流すのも良いし、子供に与えて動画を見せるのにも良いと思います。とにかくコスパが良いので何個か購入するのもアリだと思いますね。

注意
残念ながら「Student会員」はこの割引サービスだけ受けることが出来ません。もしAmazonの端末が欲しい場合には「プライム会員」を選択するのが良いと思います。

6.Kindleオーナーライブラリー:毎月電子書籍が1冊無料で読める

「kindle端末」または「Fireタブレット」を持っている人限定で、2万冊のライブラリの中から毎月1冊無料で読めるというものです。

他のサービスに比べると少し地味なサービスですが、年会費を超えるような価格の書籍も無料対象に含まれているので、読書が好きな方にとっては嬉しいサービスになっています。


7.Amazonパントリー:日用品をお好みで個別に購入可能

通常はまとめ買いしか出来ない日用品・お菓子・飲み物などを、ダンボールに好きな個数で詰め合わせにして購入できるサービスです。

ダンボール1箱290円の別料金がかかってしまうのですが、それぞれの商品がお安くなっているので、結果的に安く購入できるような仕組みになっています。

買い置きしておきたい日用品などをいっぺんに購入したいというときに便利なサービスです。後述する「Amazonフレッシュ」と違って生鮮食品は取り扱っていません。

Amazonパントリーに関しては、こちらの記事に詳細があるので参考にしてみてください。

【Amazonプライム会員限定】知らないと損する!? 超便利なAmazonパントリーとは

8.プライムフォト:写真・画像を無制限でクラウド管理し放題

写真・画像を無制限で「プライムフォト」というクラウドに保存することが出来るサービスです。アプリで管理可能なのも非常に便利なのでポイントが高いです。

スマホで写真を撮ってそのままスマホ自体に保存しておくとかなり容量が圧迫されてしまうので、今まで「iCloud」や「Dropbox」に保存していましたが、こちらも意外とすぐに埋まってしまうので、画像や写真は「プライムフォト」に保存する様にしています。

ダウンロードはコチラ!

AmazonのPrime Photos

AmazonのPrime Photos
開発元:AMZN Mobile LLC
無料
posted withアプリーチ

9.Twitch Prime:無料のゲーム特典を受け取り可能

ゲーム専用のLIVE配信プラットフォームである「Twitch」ですが、プライム会員である場合にAmazonのアカウントを連携する事で様々な特典を受け取ることが出来ます。

例えば毎月スポンサー登録が可能になったり、特定のゲームで使える装備・アイテムがもらえたり、無料でゲームソフトがもらえたりします。無料で登録できるので、とりあえず連携しておくのがお得なのでおすすめです。

サービス内容の詳細・連携方法は下記の記事でご確認ください。

Twitch Prime特典の受け取り方とAmazon連携の仕方を解説

10.Prime Reading:特定の本・マンガ・雑誌が読み放題

Prime Readingというサービスで、プライム会員限定で特定の本・マンガ・雑誌が読み放題となっています。現時点で読めるのは数百冊しかありませんが、読み応えのある本や人気の本も対象に含まれています。

わたし的に「Prime Reading」でおすすめできる本だとこの辺りですね。

Prime Readingで読むことが出来る全ての本のリストは下記リンクからご確認ください。

参考 Prime Reading書籍リストAmazon公式

ちなみに、Prime Readingを進化させたサービスが「Kindle Unlimited」というモノです。

Kindle Unlimited:月額980円で130万冊以上の本・マンガ・雑誌が読み放題

Kindle Unlimitedはプライム会員でなくても使えるサービスですが、プライム会員の方は現在キャンペーン中で2カ月間「99円」でお試し出来ます。

Kindle Unlimitedについて詳しく解説した記事は下記リンクからご確認ください。

【Amazon】Kindle Unlimited対象のおすすめ本(漫画・雑誌)を紹介【2ヵ月99円キャンペーン】

11.Prime Now:超速・瞬時に商品配達が可能

プライム会員でないと使用不可なサービスで、専用の「Prime Now」アプリから注文する事で、注文後1時間・2時間以内の配達をお願いする事が可能です。

配達可能なエリアが限られているので、自宅や配達希望場所がエリアに入っているのか事前に確認しておくのがいいと思います。ちなみにプライム会員でも追加で配送料が必要です。

5,000円以上の注文で1,000円分のクーポンがもらえたり、食品・日用品が20%OFFだったり、Prime Now専用のセールもやっているので、こまめにチェックするのがおすすめです。

ダウンロードはコチラ!

Amazon Prime Now

Amazon Prime Now
開発元:AMZN Mobile LLC
無料
posted withアプリーチ

12.Amazonフレッシュ:新鮮食材・専門店グルメをお取り寄せ可能

Amazonフレッシュというサービスで、生鮮食品や専門店が扱う食材をクール便で配送してくれるネットスーパーの様なモノです。もちろんプライム会員限定のサービスです。

Amazonフレッシュ:月額500円+1回6,000円未満のお買い物の場合の配送料500円

一般のスーパーや企業が展開しているネットスーパーと比較しても月額料金が安い+キャンペーンが豊富なのが特徴です。Amazonの物流があるからこそできる価格設定だと思います。

今やっているキャンペーンとしては「30日間無料体験」「最大50%OFF」「初回限定3,000円分クーポン」などと豪華なので、お試しで使って見るのがおすすめです。


13.Amazonポイント還元率UP

AmazonではMasterCardを発行していて、プライム会員であることで商品購入時のAmazonポイント還元率がUPします。

  • Amazon MasterCard クラシック(年会費1,350円):無料会員1.5%・プライム会員2%
  • Amazon MasterCard ゴールド(年会費10,800円):プライム会員2.5%(ゴールドはプライム会員特典込み)

審査は迅速ですし「即時審査サービス」を利用すれば申し込んだ瞬間からAmazonでお買い物できるので、セール前の申し込みでも間に合います。

Amazonプライムデーのキャンペーン期間には、申し込むことで「7,000ポイント」もらえるお得なキャンペーンをしているので、要チェックです。

【2018】Amazonプライムデー情報まとめ|おすすめセール商品を解説

14.Amazonファミリー:お子様向け用品の割引きサービス

お子様がいる家庭向けのサービスで「おむつ」「おしり拭き」「粉ミルク」などの大量に必要な必需品が常に割引価格で購入できます。

おむつ・おしりふきの定期便を注文すると常時「15%OFF」に加えて、おむつに使える「2,000円クーポン」・粉ミルクに使える「30%OFFクーポン」などももらえます。

小さい子どもがいる家庭では使わない手はない程にお得なサービスなので、ぜひ詳細をチェックしてみてください。

 

サービス内容の徹底検討

以下が主なプライム会員向けのサービスまとめです。

  1. Amazonプライムビデオ見放題
  2. お急ぎ便・日時指定便|無料で使い放題+送料無料
  3. Prime Music(プライムミュージック)聞き放題
  4. 限定セールへの入場・先行入場可能
  5. Amazon関連商品が大幅割引
  6. 毎月電子書籍が1冊無料で読める
  7. 日用品をお好みで個別に購入可能
  8. 写真・画像を無制限でクラウド管理し放題
  9. Twitch Prime特典を受け取り可能
  10. 特定の本・マンガ・雑誌が読み放題
  11. 超速・瞬時に商品配達が可能
  12. 新鮮食材・専門店グルメをお取り寄せ可能
  13. Amazonポイント還元率UP
  14. お子様向け用品の割引きサービス

これらのサービスが、月額325円で受けられます。

個人的には年会費に比べて受けられるサービスの質が高いと思います。1つ1つのサービスが月額325円でもおかしくないサービスばかりです。

Student会員の場合には、このサービスが月額159円ですから入会しない理由が無いレベルでお得だと個人的には思います。

Amazonプライム会員登録・無料体験はこちら

参考 Amazonプライム会員無料体験Amazon公式サイト

 

プライム会員の無料体験について

Amazonプライムは優良でお得なサービスですが、実際に入会してみないと使い心地が分かりにくいと思います。

そういう方には30日間プライム会員を無料で体験できるサービスがあるので、まずは無料体験してみることをおすすめします。下記の様な使い方もアリだと思います。

  • 連休中に映画・ドラマを楽しむために無料体験してみる
  • セールの前に無料体験してお得に商品をゲットする

30日間体験してみて「そんなに使わないな」「思ったほどじゃない」と思えば解約してしまえば年会費はかかりません。ちなみにAmazon Studentは無料体験が6ヶ月なので異常に優遇されています。

無料体験するためには、以下の手順で簡単に登録できます。

  • 手順1
    Amazonプライムの公式ページにアクセス
  • 手順2
    「30日間の無料体験を試す」のボタンをクリック
  • 手順3
    Amazonのアカウントを作成 or Amazonアカウントでサインイン
  • 手順4
    支払方法を選択して「無料体験登録に登録する」をクリック
MEMO
無料ですがクレジットカード or プリペイドカード情報を登録する必要があります。

Amazonプライム会員登録・無料体験はこちら

参考 Amazonプライム会員無料体験Amazon公式サイト

 

Amazonプライム会員の退会方法

退会方法も簡単です。以下の手順で退会出来ます。

  • 手順1
    ページ右上にあるアカウントサービスにカーソルを載せる
  • 手順2
    「Amazonプライム会員情報」をクリック
  • 手順3
    ページ左側にある「会員資格を終了する」をクリック
  • 手順4
    「会員資格を終了します」をクリック

退会の方法が分かりにくいサイトもよくありますが、Amazonの場合にはかなり分かりやすい位置に退会用のページが設置されているので親切です。

「会員資格を終了する」のページに「更新前に連絡を受けます」というボタンがあり、料金が発生する前にお知らせをくれるシステムもありますので、無料体験の方もコチラを設定しておけば安心です。

Amazonプライム会員登録・無料体験はこちら

参考 Amazonプライム会員無料体験Amazon公式サイト

 

まとめ:Amazon Primeはお得なサービス

今回サービスを年会費と比べて「本当にお得なのか?」ということで徹底検討しましたが、結果として相当お得だということで決着しました。

個人的にはあまり利用していないサービスもありますが、実際に使ってみていると、入会しない理由が無いレベルで生活の一部になり始めています。

まずはお試しという事で、連休やセール期間だけでも利用してみてはいかがでしょうか。

Amazonプライム会員登録・無料体験はこちら

参考 Amazonプライム会員無料体験Amazon公式サイト

2018年のAmazonプライムデーに関する情報はコチラの記事から!

【2018】Amazonプライムデー情報まとめ|おすすめセール商品を解説