【Amazonプライム会員限定】知らないと損する!? 超便利なAmazonパントリーとは

こんにちは、Ichi先輩@Abstract1Life)です。

今日はネットでの日用品・食品のお買い物が便利になる「Amazonパントリー」を紹介します。「Amazonパントリー」はAmazonのプライム会員限定で使用可能なサービスなので、会員の方は是非使ってみてください。

案外知らない人が多いサービスなので、今日はメリットとデメリットをお伝えします。

Amazonパントリーとは?

Amazonパントリーは、食品・日用品などのジャンルから、商品を1個から購入可能で、購入した商品をまとめて1つのボックスで配送してくれるサービスです。

つまり、従来はまとめ買いしか出来なかったような細かなお菓子や食品、細かな日用品などをスーパーに行く感覚でボックスに入れていって、まとめてお会計できるようなサービスになっています。

Amazonパントリーのメリットは?

Amazonパントリーのメリットは以下の2点です。

  • 少量から注文可能
  • 商品1個あたりの値段が安い

少量から注文可能

ネット上で、食品や日用品を買おうとすると、やはり少量ではなく、大量のまとめ買い用として販売されていることがほとんどです。これは販売者側の手数料の問題があり、少量で販売することにはメリットがほとんどないことが理由です。

しかし今回のサービスでは、スーパー感覚で必要な分だけ自分の好きな個数を選択できるため、無駄な買い物を抑えることが可能です。後々使うだろうと思ってまとめ買いしてしまって、長い時間使われないものとか結構ありますから、そういったことは少なくなると思います。

商品1個あたりの値段が安い

また、少量で買うからといって、1つ1つの値段が高いというわけではないのが良いところです。むしろまとめ買いよりも安い場合が多いです。

正直、まとめ買いで単品より1個当たりが高いってどうなの?ってそちらに突っ込みたくなりますが、安くなる分には問題ないので、良いってことにしておきましょう。

そんな感じで、試してみたいお菓子をボックスに詰め込むも良し、日用品も混ぜてスーパー代わりにするも良しで、かなり使い道があるかなというサービスだと思います。

Amazonパントリーのデメリットは?

Amazonパントリーのデメリットは以下の3点です。

  • 送料がかかる
  • ボックスの容量制限がある
  • 生鮮品が買えない

送料がかかる

まず、送料の点についてですが1箱につき290円かかります。Amazonプライムに入っていれば、普通のお買い物に関しては送料が無料なので、別途送料がかかるのはなかなか痛いデメリットです。

商品自体の値段が安いので、箱いっぱいに詰め込めば元が取れると思いますが、送料がかかると思うと、まとめ買いで良いかなと思ってしまう方もいるかもしれません。

ボックスの容量制限がある

また、ボックスの容量ですが、52cm×28cm×36cmで、12kgまでOKになっています。

Amazonパントリーで買い物するときには、ボックスがどの程度埋まっているか常にパーセント表示で教えてくれますし、どの商品が何%ボックスを使っているかというのも表示してくれるので、分かりやすいです。

ただ、色々詰め込みまくっていると、案外すぐにいっぱいになってしまうので、工夫して買う必要があるかもしれません。

生鮮品が買えない

Amazonパントリーで購入できるのはあくまで加工品や日用品のみで、生鮮品はボックスに入れることができません。なので、やはり生鮮品を買うのであれば、ネットスーパーなどを利用した方がいいかと思います。

ただ、ネットスーパーでは取り扱っていないような商品があるなど、商品の豊富さがAmazonの売りなので、ネットスーパーと品ぞろえを比べてみるのも手だと思います。

Amazon会員の種類について

冒頭でも述べたように、Amazonパントリーを利用するためには、Amazonプライム会員またはAmazonStudent会員である必要があります。

これらの有料会員向けのサービスは無料体験できるので、まずは無料体験してみるのがおすすめです。

Amazonプライム会員

Amazonプライムは、Amazonパントリーサービス以外にも、送料やお急ぎ便無料、映画や音楽が見放題&聞き放題、kindle本毎月1冊無料など、様々なサービスが受けられて、毎月約320円(Amazonプライム)なので相当お得だと思います。

会員登録してからは、しばらく無料体験ができるので、自分に合うか心配な方は、無料体験してみて、継続するか決めるのがいいかもしれません。

Amazonプライム会員登録・無料体験はこちら

参考 Amazonプライム会員無料体験Amazon公式サイト

動画が見放題のAmazonプライムビデオはとても優秀で、かなり多くの映画やドラマが見放題なので、コレを見るためだけにプライム会員になってもいいほどです。視聴可能な作品でおすすめをまとめてありますので、こちらの記事も参考に見てみてください。

【2018年版】Amazonプライムビデオで見放題のおすすめラインナップ100選【アニメ・ドラマ・映画】

Amazon Student会員

学生(大学生、大学院生、専門学校生、短大生)の方は、ほぼ同じサービスを割安で受けられる、Amazonスチューデント毎月約160円)の方がお得なので、絶対にこちらに入会する方がいいかと思います。

しかも、登録しただけで、1000円分ポイントがもらえるので、実質毎月75円だし、無料体験期間中に解約しても、1000円分ポイントはもらえるので、登録しない手は無いと個人的には思います。

Amazonプライム会員登録・無料体験はこちら

参考 Amazonプライム会員無料体験Amazon公式サイト

どちらのサービスも、無料体験期間が過ぎてしまうと、自動で課金されてしまうので、しっかりと、無料期間を把握しておく必要があります。十分優良なサービスだと思いますので、個人的には継続するのがおすすめです。

まとめ:Amazonパントリー

今回紹介した「Amazonパントリー」というサービスですが、個人的には相当便利なサービスだと思うのでおすすめしたいです。

生鮮品だけは仕事帰りにスーパーで買って、お菓子や日用品はAmazonパントリーで買うような形にすれば、無駄遣いも減りますし持って帰る負担も大幅に軽減できると思いますよ。

Amazonプライムのサービスに関しては、コチラの記事に詳しく解説してありますので、参考にいかがでしょうか。

Amazonプライム会員を年会費から徹底検討!本当にお得なサービスなのか?