【2018年版】iPad Pro 10.5 おすすめキーボードケース比較レビュー【Smart keyboard】

こんにちは、Ichi先輩@Abstract1Life)です。

今回はiPad Pro 10.5インチのキーボードケースである「Smart keyboard」を購入したので、使い勝手について他社製品との比較・使いやすさ・使用感や持ち歩いて使用する場合のメリット・デメリットについてレビューしていきます。

Apple純正の「Smart Keyboard」をレビュー結果から、それぞれ持ち歩いたり触ったりして確かめた感触や用途について比較できればと思います。

関連記事iPad Proおすすめ無料+有料アプリ20選|人気のアクセサリ・カバーも紹介

Ichi先輩

純正ケースは持ち運び性能が抜群!

Apple純正「Smart Keyboard」レビュー

iPad Proとの接続方法とフォルム感

Smart Keyboard はiPad Pro 10.5インチの場合、背面は保護されずに、iPadの側面にマグネットで装着する形で前面のみ覆われるような形になります。マグネットは強力で、カバンに入れて持ち歩いたり、手に持って持ち歩く程度では決して外れないようになっています。

通常のカバーと一見して一緒のようですが、少し外側(カバーを開封する側)が盛り上がっていて段差があります。目算で大体3〜4ミリ程度の段差で気になるほどの段差では無いですね。

キーボードケースの接続自体は何か特別な事をする必要はなく、iPadに装着した時点で使用可能になるので、面倒な設定などが無いのが嬉しいです。

あまり外す必要もないのですが、何かの場面でキーボードを外そうと思っても、さっと外せて、さっと取り付けて使用可能なのは言葉通りに非常にスマートだと思います。充電が必要ない(iPad自体から給電されている)のも素晴らしいポイントです。

ちなみに重さについてですが、体感的には前まで使っていた普通のiPad Proのケースとほとんど変わらない程度で、全然重いとか気にならないです。

タブレットとしての使う場合の使用感

表面のカバーを開封するとキーボード部分は中に折りたたまれていて、そのままキーボード部分を開かずに後ろに曲げてしまえば、キーボードの存在を気にせずにタブレットとして従来通りの感覚で使用することが可能です。

ただ、立てかけて動画を見ようと思った時に角度がやや急(60°程度)になってしまうので、外出先で立てて使用する場合にはキーボードを展開して緩やかな角度で使うのがいいと思います。

個人的にはこういったスマホと共用できる安価なスタンドを持っているので、コチラを使用すれば全く問題ないと思っています。基本的に外出先ではキーボードを展開せずに立てかける場面はないと思うので、自宅のみであればスタンドで十分カバー可能です。

関連記事iPad Proおすすめ無料+有料アプリ20選|人気のアクセサリ・カバーも紹介

Appleペンシルで絵を描く時に背面が斜めになるんじゃないかと心配する方もいるかもしれませんが、背面の構造が上手く作られていて完全にフラットになるため問題ないです。

キーボードを装着しての使用感

重要なキーボードを装着しての使用感ですが、個人的な意見としては非常に快適です。

角度が固定されてしまっていますが、普通にカフェなどの外出先で作業するのには全く問題ないですし、見にくかったり、首や肩への負担が大きい様なことも特に感じていないです。

購入する時に私自身も公式のレビューなどを様々に気にしたのですが、そこで多く見られた「使用する際に手前がパタパタ浮く」といった不具合は特に感じないので、現モデルでは解消されてると思います。ただし、頑丈な布の様なコーティングなので変形する可能性はあります。

打鍵感については、自宅で使用している様な快適な打鍵とはいきませんが、しっかりと打ち込んでいる感覚を得られるキーボードに仕上がっています。普通に使えますよ。

私はJISのキーボードにしましたが「esc」キーがない程度(iPadで使うことは無いし)で配置等も気にならずにしっかりと外出先でのテキスト作成・編集作業は全く問題ないです。

他社キーボードケース・Bluetoothキーボードとの比較

iPad Proでキーボードを使うための他の選択肢としては「他社製(サードパーティー)のカバー型キーボードを使用する」「Bluetooth キーボードを使用する」という2つの選択肢があります。

他社製のキーボードケースを使用する場合

私も実際に他社製品を触りに行って比べて、この「Smart Keyboard」の方を購入したのですが、感想としては他社製のカバー型キーボードは”ちゃっちかった”です。

私が触ったのはオンラインのAppleストアでも取り扱いのあるロジクールのモノで、前面と背面の両方がカバーされているタイプでした。

たしかにキーボード部分は作りが良くて打鍵感も通常のキーボードに近いものでしたが、外側の作りのメッシュ感やプラスチックの感じがあんまり好きになれずに、ガチガチにiPad Proを覆ってしまう様な感じだったので、受け入れられなかったです。

外側もしっかりとガードされているし、打鍵感も良いので安心して使えますが、小さなパソコンの様になってしまいますし、タブレットとして使用する場合にいちいち外すのが面倒なのも含めて個人的には「Smart Keyboard」の方がいいなという判断をしました。

  • Smart Keyboard同様に充電はiPadから出来る
  • 角度が自由に変えれる
  • 価格が安い
  • キーボードにバックライトが付いている

ただ、ロジクールのモノであれば上記の様なメリットもあるので、他社のキーボードケースを選ぶ場合にはロジクールの製品が良いと思います。

Bluetooth キーボードを使用する

もう一つの選択肢として、BluetoothキーボードをiPad Proと一緒に持ち歩くという方法もあります。この場合特にiPad Pro用というわけではなく、一般に売られているBluetoothキーボードを購入して、iPad Proと同期するという使い方になります。

私自身は自宅で「HHKB」を使っているので、この「Smart Keyboard」を購入するまではコチラを持ち歩いてiPad Proと一緒に使っていました。

実際に1回同期してしまえばキーボード側の電源を入れれば使えるので面倒ではないのですが「Smart Keyboard」を使ってしまうと、その手間が面倒くさく感じるようになってしまいます。

打鍵感で言えば圧倒的にHHKBの方が良い(購入するBluetoothキーボードによりますが大抵良いと思います)のですが、持ち運びのハードルの高さも含めると「Smart Keyboard」の方に個人的には軍配が上がります。

自宅ではデスクトップPCを使っているので、当たり前ですが、やはりiPad Proでキーボードを使うとなると外出先での使用がほとんどです。

その時に、iPad Proだけをカバンに入れるのと、iPad Pro+キーボードを入れるのって、ほとんど変わらない様に見えてだいぶ感覚的にハードルの高さが違うんですよね。

私の様にズボラでは無い方の場合は別に気にならないと思うんですが、iPad Proとは別にそれなりに幅も取るキーボードを取って、カバンの中に入れて、使う時にまた別に電源を入れるって考えるだけで結構面倒くさくて使わなくなっちゃいます

もし私と同じ様な性質があるかもって思った方は、何よりも常に持ち歩こうと思えるデバイスであることが大切だと思うので「Smart Keyboard」の方がおすすめです。出先での作業の快適さを求めるのであれば「Bluetoothキーボード」もいいと思いますよ。

AppleのMacに付属してる「Magic Keyboard」もBluetoothに対応しているので、持っている場合にはコチラと接続する事も可能です。

まとめ:iPad Pro 10.5 おすすめキーボードケース比較

今回実際に「Smart Keyboard」と他社のキーボードケース・Bluetoothキーボードを比較して検討しましたが、個人的にはお金に余裕があるなら「Smart Keyboard」がイチバンおすすめです。もう少し安価に抑えたい場合にはロジクールのキーボードケースがいいですね。

自宅にいらないMacのデバイス(PC・iPad・iPhone)などを売ってキーボードケースの資金に出来る場合があるので、コチラの記事も参考になると思います。

関連記事PC・iPad・iPhoneのおすすめ買取方法|公式価格・見積もりの相場をチェック

Bluetoothキーボードは、確かに実際に使い始めるとイチバン使いやすくて病みつきにはなるんですが、持ち歩かなくなる可能性が大なので、なるべく荷物を減らしたい人やiPad Proを常に持ち歩く人は大人しくキーボードケースを購入しましょう。

新型のiPad Pro(11インチ・12.9インチ)向けのSmart Keyboardは、背面カバーが付くのと、角度が2種類選べる部分が変わったようですが基本性能はほぼ同じなので、新型iPad Proを購入しようと検討している方もぜひ参考にしてもらえたらと思います。

【Mac】PC・iPad・iPhoneのおすすめ買取方法|公式価格・見積もりの相場をチェック【故障品も売れる】 iPad Proおすすめ無料+有料アプリ20選|人気のアクセサリ・カバーも紹介