Kindle Unlimitedが日本で開始!おすすめ本(漫画・ビジネス書・雑誌)と感想

■8月3日更新

f:id:ibookwormer:20160803111723j:plain

ついに日本でもサービスが開始された「Kindle Unlimited」ですが、12万冊以上の書籍が読めるということで期待されています。

 

今回は「Kindle Unlimited」について、感想と現状で私のおすすめ出来る書籍をご紹介しようと思います。

 

Kindle Unlimitedとは?

Kindle Unlimitedは、月額980円で指定された電子書籍が読み放題になるAmazonが提供しているサービスです。現在は30日間無料で試すことが出来るので、試して見るのがいいと思います。

 

ただ、自動的に会員登録された状態になっているので、しっかりと30日以内に自動更新をOFFにしておくことをおすすめします。OFFにしないと自動的に課金されてしまう場合があるので注意してください。

 

利用可能な端末はPCのKindle Cloud Readerや、スマホのKindleアプリ、Kindle端末などが利用可能です。Kindle端末はたびたびセールになっているし、便利なので、1つ購入しておくのがおすすめですよ。

 

Kindle Unlimitedの感想

配信されている書籍を眺めていましたが、正直に言えば、あまり読みたいと思わせる書籍は多くありません。もちろん個人の感想なので、人によってはお宝がザクザクのサービス化もしれません。

 

ただ、サービス開始直後なので、今後どんどん対応書籍が増えていくとしたら、かなりお得なサービスになっていくことは確信できます。

 

それと、冊数が多いにもかかわらず、検索に関するインターフェースがあまり良くない為、自分が探したいような書籍が曖昧な場合に、目的の書籍を見つけ出すのに苦労すると思います。

 

あと、注意点として、同時に10冊しかKindle内にストック出来ないので、全てダウンロードしておいて読もうということは出来ません。読んだら削除していかないといけないのは少し面倒な作業ですね。

 

おすすめ書籍

f:id:ibookwormer:20160803141012j:plain

まだ、数は少ないですが、おすすめ出来る書籍が何点かありましたので、コチラで紹介しようと思います。これから冊数が増えていくと思いますので、随時更新したいと思います。

 

雑誌系 マンガ系 小説系 実用書系

 

以上4ジャンルからおすすめ書籍をご紹介します。

 

結論から述べると、基本的に雑誌・実用書がかなり充実しています。マンガ・小説に関しては今のところ、あまり期待しないほうがいいですね。

 

雑誌系

雑誌はKindle Unlimitedの中でも現状で種類が豊富な印象です。雑誌を2冊読むだけで、月額の元は取れる計算になるので、この雑誌を購読している方は間違いなくおすすめのサービスです。

Tarzan 


Tarzanはご存知の通り、トレーニングとかフィットネスとか、身体を整えるための情報が詰まった雑誌です。結構定期購読されている方が多い雑誌で、メジャーなので、Kindle Unlimitedに収録されているのは意外でした。

 

MONOQLO 


MONOQLOは暮しのモノ批評情報誌で、様々な「モノ」をテーマに、毎月本当に良いものを紹介してくれます。レビューなども豊富なので、流石企業!といったパワーが感じられて、良いもの探しに役立ちます。

 

Mac Fan 


Apple社関連のグッズについて詳しいMac Fanですが、プログラミングや、フォントなど様々な場面で役立つ知識も教えてくれるので、パラパラ眺めるだけでも勉強になります。最新のMac情報ももちろん豊富なので、お好きな方は是非。

 

Begin 


わたしはあまりアウトドアに行かないので、ご縁がありませんが、Beginのように、各スポーツやアウトドア関連の雑誌も沢山Kindle Unlimitedには収録されています。なかなか自分では購入しないという人も、眺められるので非常に便利です。

 

Pen


Penは「男のためのハイクオリティ・マガジン」というキャッチフレーズですが、特集の中で、憧れるようないい暮らしや生活のスタイルを提案してくれる雑誌で、読んでいるだけで豊かな気持ちになれます。新しい趣味とかを見つけるのにぴったりです。

 

家電批評


本当に良い家電を見つけるならこの雑誌で、レビューの質が非常に高いです。ヘアサロンとかに置いてあると隅から隅まで読んでしまう様な魅力があります。良い家電ないかな、とお探しの人は一読してからお買い物に出かけてはいかがでしょうか。

 

大人の週末


大人の週末は「食を愛する・街を楽しむ・旅に恋する情報誌」で、結構うまいものを追い求めているような雑誌のイメージがあります。東京だけでなく、大阪、名古屋といった地域も特集してくれるので、色んな地域の人が読んで楽しい雑誌です。

 

オレンジページ


Theお料理本のオレンジページですが、やはり雑誌だけあって、クックパッド等より手順などの説明の質が高いです。お料理に自信が無い方はやはりこういう雑誌を読んでからクックパッド等に手を出した方がいいと思います。ご一読あれ。

 

散歩の達人


ポケモンGOが流行る今日、お散歩しながら町ブラするのに、この散歩の達人を読んでおくと、捗ると思います。主に東京近辺が多いですが、自分の知らない街でも、この雑誌を読んでいるだけで、わくわくします。知らない街とか道とかっていいですよね。

 

マンガ系

漫画系統はメジャーな作品は少なく、どうしてもマイナー作品や、1巻のみ読み放題という作品が多い印象ですね。現状ではそこまで充実しているとは言えません

カイジ

みなさんご存知、キンッキンに冷えたビールをごくりとやって、圧倒的幸せを感じるカイジを眺める漫画です。ギャンブルにハマるとこうなってしまうんだという絶望も同時に教えてくれますので、社会勉強のためにもぜひ読みましょう。

 

デトロイトメタルシティ

デスメタルのバンドのクラウザーさんが色々とやってくれる面白い漫画です。映画版では松山ケンイチさんがクラウザーさん役をやったことで話題になりましたが、漫画版を読んでいない方は多いと思うので、試しに読んでみてはいかがだろうか。

 

春の呪い

死んだ妹の恋人と恋をするというテーマからして重めな漫画ですが、まぁそこそこに欝っぽい感じはあります。独特な価値観を生む漫画なので、どうしてもダメだという方も多いと思いますが、とにかくインパクトがあるので、ためし読みしてはどうですか。タダですからね。

 

ブラックジャック(1~5巻)

天才医師のブラックジャックの活躍を描いた作品で、5巻までしか読めませんが、基本的に本作品は短編集的な意味合いが強いので、くそー続きが気になる!っていうことにはならないと思います。ただ、純粋に面白いので続きを買うのもアリかと。

 

Orange(1巻のみ)

未来の自分から「後悔」に関する手紙が届いて、なんとか未来を変えようともがく主人公の姿を描いた青春SF漫画です。人気の漫画で、映画化されてます。1巻しか読めませんが、1巻だけ読んであればある程度設定が分かるので、知ってる風に装えますよ。

 

うさぎドロップ(1~2巻)

祖父の残した隠し子の「リン」と、リンを引き取った不器用な「大吉」との2人の成長を描いた作品です。どんどんと変わっていく2人の距離感や関係性を見ていると、本当に”物語性”を感じます。2巻までしか読めないのが非常に残念です。

 

ワカコ酒

仕事帰りや休日に1人でぷしゅうぅうううう、と息を抜くように1人で飲みに行くOLの姿を描いた作品です。読んでいてお腹が空くのはもちろんのこと、影響されて1人飲みにチャレンジする女性も増えているとか。

 

海猿

海上保安庁の潜水士である通称「海猿」の活躍を描いた作品で、映画の印象が強いのではないでしょうか。とにかく加藤あいさんの美しさが際立つ作品で、すばらしかったですね。あ、漫画ですか?漫画も良いですよ。

 

新ブラックジャックによろしく

ブラックジャックによろしくといえば、圧倒的な負の感情の描画が楽しめる作品です。どうやったらこんなにも人を怖がらせて不安な気持ちにさせる絵が書けるのかと驚くほどです。内容的には少しオーバーな点もありますが、安定して面白いです。

 

 

小説系

小説系もそれなりといったラインナップで、そこまで有名作品が多い印象ではありません。今後に期待したいカテゴリーです。パッと見では数冊しかおすすめ作品は無いですね。

陽気なギャングが地球を回す

伊坂幸太郎先生の作品の中で唯一Kindle Unlimitedで読める作品です。特殊能力を持った仲間達で、銀行強盗に盗まれたお金をさらに盗んでやろうという計画を立てて実行する様を描いた作品です。スッキリと終わるので、読みやすくていいです。

 

すべてがFになる

森博嗣先生のデビュー作で、ミステリー小説です。研究所で発見された死体を巡る不思議な謎が明らかになっていく様子が描かれていて、あっ、っと思わせられるような上手い小説です。普通に作品として仕上がりが良くておすすめです。

 

世界から猫が消えたなら

最近映画化された作品で、僕と悪魔の1週間を巡る物語です。独特な世界観を持っているファンタジー小説で、ハマる人にはどっぷりハマる作品だと思います。本が苦手な方は映画から入るのもいいとお思います。

 

 

実用書系

このジャンルは比較的良さそうな本が多い印象です。有名書籍がちょこちょこありますね。雑誌に次いでおすすめジャンルです。実用書は購入すると1000円以上するものが多いので、かなりお得だと思います。

魔法の世紀

メディアの歴史と有り様について多角的な視点から述べている、メディア関連の超絶的な良書です。未来を語る上で必要な知識と考え方なので、ぜひ読んでみることをおすすめします。書評も書いていますので下記リンクからご覧ください。

魔法の世紀 著者:落合陽一【おすすめ本レビュー】 - Abstract Life

 

読んだら忘れない読書術

本を読んでも内容を忘れてしまうという方にぴったりの本です。精神科医の先生が書いており、参考図書もふんだんに書いてありますので、信頼できる本です。ただ、若干何を書いてあったか思い出せないので、詳細はこちらの書評をご覧ください。

 

読んだら忘れない読書術 樺沢紫苑【おすすめ本 書評/レビュー】 - Abstract Life

 

できる逆引き Googleアナリティクス

サイトやブログ運営には欠かせないGoogleアナリティクスは、なかなか使いこなし方が分かりませんが、本書は詳しく丁寧にその辺りが記載されているので、必見です。

 

HTML&CSS 標準デザイン講座

ウェブのデザインを学ぶための基礎になる書籍です。自分でやりながら読むのが一番ですが、読むだけでも勉強になるので、サクッと目を通してみるといいとお思います。

 

夢をかなえるゾウ

読もう、読もうと思っていながら読めていない本です。第2弾、第3弾も発売されているので、恐らくいい本なんでしょうね。本当に読みたいんですけどね。

 

超一流の雑談力

社会で生き残るためにはちょっとした雑談が大切であるという理念の下、どんな雑談をしたら良いのかと言う事を、例文などを織り交ぜながら解説してくれます。結構読んでると「ふんふん」と軽く読み流してしまうんですけど、実際に雑談するとなるとなかなか難しいんですよねー。

 

おうちで学べるプログラミングのきほん

プログラミングの前に、インターネットとは何か?WEBってなんだ?というかなり基礎的な部分や、PCの構造なども解説があって、本当に初心者の方にとっても分かりやすい内容になっています。こちらの記事を書くのにとても参考にさせていただいた書籍です。

 

インターネット・プログラミングの初心者のための基礎知識をざっと解説【入門編】 - Abstract Life

 

一生使える見やすい資料のデザイン入門

とても分かりやすいデザインの本です。基礎的なお話から入ってくれるので、自分がこれから作っていくプレゼン資料やポスターなどに反映できる知識が満載です。デザインは覚えておいて損は無いので、一読してみてはいかがですか。

 

新しい文章力の教室

こちらは読みたいと思っている書籍で、ブログを書いていますし、本業のほうでも論文を書くことが多いので、ぜひ文章力を上げたいと思っています。結構多くの方がおすすめしているので、いい本だと思っています。

 

まとめ

現状では、便利なサービスながら、書籍の取りそろえについては、まだ合格点とは言えないKindle Unlimitedです。ただ、とりあえず30日間は無料体験できるので、その間にどんな動きがあるのかしばらくは見守りたいと思います。

 

無料期間中に気になるタイトルだけ読んでおくのは単純にお得なので、おすすめですね。では、また随時更新していきますので、ご覧ください。では、また。

Copyright© 2015-2016 life-abstract.com All Rights Reserved