読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PS4で簡単にゲーム実況にチャレンジ!配信の仕方とメディア比較まとめ

Media Media-Game

みなさんこんにちは、Ichiです。

最近ゲームや動画の市場で人気のジャンルを形成している「ゲーム実況」みなさんもご覧になる機会は多いと思います。ゲーム実況とは、ゲームのプレイ画面を見せながら、やっている人が喋るスタイルの配信の事を指します。

f:id:ibookwormer:20160404154345j:plain

動画
としてYoutubeやニコニコ動画などに投稿する人もいれば、生放送でプレイする人もいて、この2つのスタイルが人気を博しています。

私はゲームが好きなので、よく視聴者側としてゲーム実況を楽しんでいました

身近にゲーム好きな人がいたら、ゲームを隣で見させられたこともあるんじゃないでしょうか?あの感覚に近いですが、話やプレイが面白かったり、知っている人だったりすると、とても楽しく視聴できます

生放送であれば、やっている人や視聴者同士でコミュニケーションが取れて楽しいし、人気のコンテンツになるのも頷けます。

そんなゲーム実況に、私もチャレンジしてみようと思ったわけです。

ゲーム実況のハードルの高さ

さてさて、ゲーム実況をしようと思った時に

「設備とか設定とか大変なんじゃないか?」

というハードルの高さがあります。

私がやりたいのは動画の配信じゃなく、生放送の配信なので、録画や編集等に関しては心配ないのですが、正直いろいろと面倒なんだろうなと思っていました。

ところが、うちのPS4がやってくれました!

なんと、標準機能としてブロードキャスト機能が盛り込まれていて、シェアボタンを押して、配信するメディアを選択するだけで生放送が出来る仕組みになっています。

実際に配信してみましたので、配信の仕方とメディアごとの違いをご説明します。

配信の仕方

f:id:ibookwormer:20160404160324p:plain


1.ゲームを開始して、コントローラーにあるSHAREボタンを押す


2.一番右にあるブロードキャストを開始するを選択

3.配信したいメディアを選択し、生放送タイトルなどを記入して配信開始


正直なところ「え?こんなに簡単でいいの?」ってレベルで簡単に生放送が開始できます。

ゲーム画面とゲーム音声のみで良い人はこの状態で問題なく配信が出来ます。

私がやりたかったのは、実況音声もプラスして入れる配信です。その場合は、PS4に付属しているマイク付きのイヤホンをコントローラーのイヤホンジャックに差し込めばOKです。

これで簡単におしゃべりしながらゲームをプレイしている生配信が可能です。

ただ、付属のイヤホンマイクはモノラルで片耳でしか音声が聞けないですし、音声も少し籠ってしまうので、USBマイクを買ってPS4本体に差し込む方が音質は良くなると思います。

こちらのマイクは¥3000程ですが、評判も良く、PS4でも使用可能なので、音質を良くしたいという方や、付属のイヤホンマイクを紛失してしまった方におすすめです。

音声関連の設定は全てPSボタンの「設定」→「周辺機器」→「オーディオ機器」で出来るので、マイク音量や音声の出力方法などはこの辺りをいじってください。

メディア比較

ゲーム実況を配信する時には、放送するメディアを選択することになります。現在生配信できるメディアはこの4種類です。

・ニコニコ生放送

・Youtube

・Twitch

・Ustream

どのメディアも動画や生放送の大手で、それぞれに良さがあります。実際にこちらのメディアを使ってテストしてみたので、良さを比較したいと思います。

f:id:ibookwormer:20160404160503p:plain

基本的にTVにはゲーム画面配信時間、右側には視聴者のコメントが映るような形になります。

ニコニコ生放送

通称ニコ生ですが、ドワンゴが運営する有名な生放送配信サイトです。

メリット
・放送ラグ(遅延)が短め
・画質が安定

デメリット
・プレミアム会員でないと配信不可(月額¥540)
・30分単位で放送終了

配信してみた感じだと、ラグはあるものの比較的少なめでした。また、画質に関してですが、良いとは言えないものの、比較的安定しているので、見れないことはない程度の画質を維持できます。

ただ、現在はPS4からだと1ヶ月無料で配信できるというキャンペーンをやっているものの、基本的にプレミアム会員に登録しなければならなく、月額がかかります。また、お金を追加して延長しないと、30分単位で放送が終了する仕様です。

そして、コメントは誰が投稿したのか分からない仕様になっているので、PCでコメントビューアーを設定して、PCで確認しなければいけません。仲間内でやったり、常連さんが付くような場合には、ちょっと面倒かもしれないですね。

画面から目が離せないようなゲームだと、PCを確認する暇が無いので、誰が書いたコメントなのかというのを即座に判断しながらプレイを続けるのは難しそうです。

Youtube

動画投稿がメインのサイトですが、Youtubeでもライブ配信が出来ます。

メリット
・画質が良い
・動画を残せる

デメリット
・ラグが比較的長め
・動画が残る


Youtubeは画質の設定次第で、結構良い画質で配信することが可能です。ニコニコよりも鮮明に見ることが出来ます。ただ、比較的ラグが長めです。

そして、メリットなのかデメリットなのか人それぞれですが、配信したものが動画としてYoutubeに残ります。もちろんPCやスマホから削除できるのですが、面倒です。もしかしたら設定で残さないように出来るかもしれません。

 

Twitch

あまり耳にしたことが無いかもしれませんが、海外のゲーム配信関係のメジャーなメディアです。

メリット
・画質が良い
・コメントのアカウント名が表示

デメリット
・ラグが長い
・登録が面倒

画質は設定によってかなり良い画質に設定できます。ただ、若干画質が安定しない面もあるので、調節が必要です。また、コメントしてくれた人のアカウント名もTVのコメント欄に表示されるので、誰がコメントしているのか分かりやすくて、コミュニケーションが取りやすいです。

ただ、ラグがかなり長いため、コメントに即座に答えても、視聴者に伝わるのが遅くなってしまいます。リアルタイムで視聴者と話しながら進めたい場合には、ちょっと不満に感じる点ですね。

Ustream

Ustreamも大手の生放送配信サイトですが、PS4にも対応しています。

メリット
・画質が良い
・コメントのアカウント名が表示

デメリット
・ラグが比較的長め
・広告がウザい

画質は良いし、コメントに対してアカウント名が表示されるので、コミュ二ケーションが取りやすいです。ただ、Twitch同様にラグが長めです。

あと、動画にしても生放送にしても、視聴する側が20~30秒ほどの広告を見ないと、目的の放送が見られない仕様が何ともウザい。有料プランにすれば広告を消せるみたいだけど、いまいちです。

メディア総評

私の趣旨的に言うならば、視聴者と一緒に楽しみたいということで、ラグの少ないニコニコ生放送か、Youtubeかなと思っています。ラグや画質に関してはプレイ環境でのネット回線速度もかなり関わってくるので、回線の良い場所でやるとラグも多少改善されるかもしれません。

また、今回やったゲームが結構動き回るアクションゲーム(ダークソウル3)なので、そういった面が画質の評価に反映されている可能性もあります。

まとめ

ゲーム実況はハードルが高いと思っている方が多いと思いますし、私も実際にやるまでそう思っていました。でも、今はPS4さえあれば簡単に実況プレイできる環境にあるので、お手軽にチャレンジできます。

色んな人のコメントをもらいながらゲームをプレイするのも楽しいと思うので、暇な時には是非試しにやってみてくださいね。では、また。

Copyright© 2015-2016 life-abstract.com All Rights Reserved