ゲームのDLC商法とは?なぜ嫌われるのか?

みなさんこんにちは、Ichiです。

今日の議題はゲームのDLCについてです。DLCというのはDownload Contentsの略で、販売されているゲームソフトに有料で追加コンテンツをダウンロードできるシステムです。私はプレイステーション(以下PS)ユーザーなので、話はPSに偏るかもしれません。

目次

DLC登場までの軌跡

f:id:ibookwormer:20151228111524j:plain

PS3以前まで、つまりPS2の時代までは、あまりネットワークを使ったPSの遊び方はメジャーではなく、ゲームは個人で完結し、ゲーム内のストーリーもそこで完結していました。ゲームのデータはメモリーカード(今の若い子は知らないんじゃないかな?)に保存して、PS2はあくまでゲームソフトを読み込むためのハードウェアにすぎませんでした。

しかし、PS3が登場してから、PSN(プレイステーションネットワーク)が登場して、LANケーブルをPS3に挿入することにより、ネットワークを介してゲームのダウンロードや通信対戦のようなことが出来るようになったのです。もちろんゲームデータもPS3に保存されるので、メモリーカードも必要ないですね。

このネットワークが介入したことに生まれたのが冒頭でも紹介したDLCです。

DLCの種類

DLCの種類としては、追加マップ、追加武器、追加キャラ、追加ボスなどが主です。料金形態も様々で、初回特典で無料で手に入るものや、キャラクター1体いくら、というものまであります。

DLC商法の賛否

このDLC商法ですが賛否両論あります。

賛成意見としては、「追加でユーザーを楽しませてくれるからアリ」
反対意見としては、「ぼったくり。メーカーの金稼ぎ」

こういった意見が多くみられます。確かに追加でコンテンツが出て、喜ぶユーザーもいるでしょう、ただ私個人としては、反対派に回らざるを得ません。DLC商法なんかに頼っていてはゲーム業界はさらに加速して衰退していくに決まっています。

私がDLC商法に反対する理由

理由はたくさんありますが、順を追って話します。まず、料金が高いという点について。基本的に現在、主にソフトが開発されている機種は、PS4とPS3です。搭載されているHDの容量によって値段は左右されますが、PS4は安くても新品で約35000円、PS3は約25000円程度します。そしてゲームソフトですが、新作だと約8000円程度するソフト価格が主流になりつつあります。

さらにPS3はネットワークが無料で使えますが、PS4はPlaystation plusという年間約5000円(一か月単位で契約可)の契約をしないとオンラインで遊ぶことが出来ません。

ここまででも高いのに、さらにDLCのお金まで請求されるとなると、なかなかつらいものがあります。しかも、DLC第一弾、DLC第二弾、という感じで何回にも分けられてDLCを出されて、それぞれ2000円とかほんとやってられません。

じゃあ買わなきゃいいじゃないかって?

そういう問題じゃないと思います。今のゲームは大体、ネットワーク対戦を主に楽しむソフトと、全クリを楽しむソフトの2種類に分かれます(マイクラみたいな箱庭っぽいゲームもありますが)。ネットワーク対戦が主なソフトでDLCが発売されると、率直な感想として「未完成のソフト売ってんじゃねえぞ」という気持ちがふつふつと湧いてきます。しかも、PSNを覗いてみると、ゲーム発売日に既にDLC情報が載ってて、DLC第二弾coming soonとか書いてあるんですよ。正直、「は?」って感じですよ。開発終わってんだったらそのコンテンツ入れて売れるでしょって。

あとはDLCを購入している人としていない人でマッチングが微妙になる場合があるのも良くない点。自分DLCを購入していない場合にも、DLC購入者とマッチングする場合があるけど、DLCキャラとか武器とかの性能が分からないから、それを意識した動きができないのも良くない。でも、ネットワーク対戦型のソフトのDLCはまだ許せる。

許せないのは全クリを楽しむソフトのDLC。こういうソフトの何が楽しいって、「全クリした!」とか「超強いキャラ作った」とか「武器コンプした」とか、達成感を得られるところだと思います。だってゲームは自己満足を生むためのものだと思うし。

そこに「DLCやで」って出されると、自分の作り上げた達成感で満ちた世界を壊される気がするんだけど、私だけかな?もうこのソフトは遊びつくした!おなか一杯!って状態を味わっていたいのに、それを邪魔される感覚なんですよねDLCって。


ってな訳で、つらつら何でDLC商法が嫌われるのか語ってきたけれど、日本のゲーム業界が衰退してきているから、客単価を高くしなきゃしょうがないって話も分からんでもない。確かに海外に比べて日本はゲームが売れなくて、ゲーム会社が海外版を先に販売するなんてこともよくある話になってきている。

でも、DLCなんて姑息な商法はやめて、やるんだったら初めからパッケージにして高くてもいいからそれで完成版として売って欲しい。それで作品として魅力的だったら買うし、見合わない価格だったら買わないと思う。きっと1万円の値段設定にしたら売れないってわかってるから、売る自信がないからDLCに逃げている気がしてならないんですよね。

開発費が膨大にかかって、開発費の大体がグラフィック関連の人件費だってことも分かっています。でもPS4で色々表現できるからっていっても、別にリアルな体験をゲームでしたい訳じゃないし、綺麗な映像が見たい訳じゃない。そういうのが作りたい人は分家して映画でも作って欲しい。

こんな好き勝手なことを書いているとちょっと炎上しそうな感じがして怖いけれども、賛同してくれる人も結構いるんじゃないだろうか。

 

おわりに

色々と言ってはみたが、私はゲームが好きだ。スマホゲームもやるけど、やっぱり家で大きな画面をみて、コントローラーを持って休みの日に朝から晩までゲームをやっていたい。DLCなんていう商法を使うんじゃなくて、「超面白いゲームを作ったから、高いけど買ってみてくれ」と自信を持ってゲームメーカに言われたい。そんな記事でした。では、また。

Copyright© 2015-2016 life-abstract.com All Rights Reserved