本屋とAmazonの違いを検証!本屋の生きる道とは?

皆さんこんばんは。Ichiです。

そろそろ年の瀬ですから、今年を振り返ってみますが、行ってよかったなと思ったところと言えば「本屋」ですね。本屋ってAmazonが相当幅を利かせてる今では、あんまり意味無いんじゃね?とか思う人も多いかもしれません。Amazonでは万引きの心配もないですし、利益もだいぶ上がっているでしょう。

そこで、本屋の方も、ポイントカードとか、取り置きのサービスとか、店内検索とか、そういうところに気合いを入れて、何とかAmazonと差別化しようと頑張ってます。

でもね、

 

そういうの本屋には求めてない

 

だって、「ポイント」も「取り置き」も「検索」もAmazonの方が便利だもの。じゃあ本屋ってAmazonとどこが違うのかどうしたら生き残れるのか?ということについてなんで私が書店に「行ってよかった」と思うのか、ということから考えてみたいと思います。

目次

本屋とAmazonの違い

f:id:ibookwormer:20151212181405j:plain

本屋とAmazonの違いって、たくさんありますけど、主だったところをお話します。まず、実際に店舗に行くまでの労力が違います。この点では家を出なくてもいいという点で圧倒的にAmazonが有利です。冒頭にも述べましたが、欲しい本についての検索に関してもAmazonに分があると思います。現在の本屋の検索は、入力のインターフェースも悪いし、検索結果の表示も位置がおおざっぱすぎて分かりにくいです。

本屋のメリット

f:id:ibookwormer:20151226174856j:plain

私的には、いろんなジャンルの本を無意味に眺められる、出会えるってことが本屋のメリットだと思ってます。つまり、たくさんの本を目に触れさせるというのが本屋のいい点です。

本屋の歩き方

f:id:ibookwormer:20151226174951j:plain

私は書店に行ったら、自己啓発本コーナー以外は一通りグルーっと眺めます。もちろん手に取って中身を少し読んだりもします。自己啓発本を読まないのは中身(知識)が薄いからです。私、ノートを書きながら本を読むんで、内容が濃いとノートの量も増えるんですけど、自己啓発本の項は、見返しても相当ノートの分量が少ないです。大体書いてあることって、「如何に自分がすごいのか」「この情報でどれだけの人が得したのか」「あなたがどれだけ幸せになれるのか」みたいな事で、不安とか期待を煽るだけで全く意味がないことが多い。

本屋の生きる道

f:id:ibookwormer:20151226175245j:plain

私的な提案としては、ジャンル別に本を並べるという現状のスタイルをやめるのがいいと思っています。ジャンル別に陳列しなくても、チップさえ入っていれば検索で位置を突き止めるのは可能だし、ジャンル別に陳列する意味あるの?っていうのが疑問です。

Amazonは今までのユーザーの購入履歴から、「似た本」や「欲しそうな本」を表示するアルゴリズム使ってるでしょ?Amazonと差別化するためには、全然別ジャンルの本をユーザーに提示してあげるのがいいと思うんですよ。ジャンルを拡張してあげるような感じで。たとえば、店員さんごとに担当の区画を決めて、その区画は全てコーディネートを任せるとかいう試みがあってもいいと思う。

自分のオススメ本をずらっと並べるも良し。
おしゃれなインテリアでゆっくり本を読める空間を作るも良し。

みたいな方が面白いと思うんですけどね。プログラミングの本の横に絵本があって、小説があって、旅行雑誌があって、その方が今までユーザーが見なかったような本に興味が湧くかもしれないし、本屋での滞在時間増えるんじゃないかな。

本屋に来る人

f:id:ibookwormer:20151226175309j:plain

本屋に来る人は「特定の本を買いに来た人」と「何となく立ち寄った人」がいて、後者の方が明らかに多い気がします。「特定の本を買いたい」場合には、新刊が出てどうしても今日買いたいという場合以外はAmazonで買った方が楽ですからね。

そんな感じで、何となく立ち寄った人に対して、ジャンルを超えていろんな本に出会えるような空間が本屋であって欲しいなと思うし、本との出会いを求めて私も書店に足を運んでいます

 

体験型の本屋

最近では、リアルな店舗でしか得られない体験を売りにする書店も増えていて、この方向性で本屋の存在価値をアピールすることもできると思っています。

例えばこちらの記事で紹介している「泊まれる本屋

astudyinscarlet.hatenablog.com

ネットカフェのようなけん騒とした雰囲気ではなく、本当にゆっくりと読書を楽しめるような空間を提供しているようです。立ち読みではつらいし、ネカフェは閉鎖的でちょっとというユーザーを意識したスタイルの本屋です。



本屋、ではないですが、こういったようにお酒を飲みながら読書できるお店も次々に登場しているようです。読書だけでなく、読みかけで終わってしまいそうな書籍の販売も行うような仕組みでやれば、ある程度利益が出そうな気がします。

www.nomooo.jp

おわりに

今年も書店でぶらぶらして色々なジャンルの本に出合いましたし、
書店に見に行ってよかったなーと思います。

書評を書いてAmazon貼ってるお前が言うなって話ですがね。笑
では、また。

Copyright© 2015-2016 life-abstract.com All Rights Reserved