大学院生の生活と奨学金の実態を解説!

みなさんこんにちは、Ichiです。

今日の記事は、ある意味、自己弁護的というか、世の中の大学院生ってものを理解してもらうための記事です。普通に平日の昼間からtwitterをうろうろして、他の方の記事を読み漁って...

 

大学院生って暇なの?

 

って思われがちなので、大学院生ってどんな生き物なのかご紹介します。

(私は暇ですけど何か?)

目次

大学院って何?

大学院は、基本的には大学卒業か特定の専門学校を卒業した後に、より専門性を求めて勉強・研究をするために入学するところです。自分の尖ったところをさらに尖らせて、ツンツンにします。ゲームでいうところの特化型みたいなものですね。

大学院にも2種類のコースがあって、

修士課程(博士前期課程)

博士課程(博士後期課程)

の2つに分かれています。

それぞれ卒業すると、「修士(Master)」「博士(Doctor)」って学位をもらえます。大学を出ると「学士」がもらえますから、「学士」→「修士」→「博士」って感じでレベルアップしていく道のりになりますね。ちなみに、私は博士課程に在籍しています。

何か学位を持ってて得することあるの?って感じですが、理系の企業では「修士」を前提としていたり、研究者として活動するには「博士」が必須だったりします。

ですが、日本ではあまり学位を持っていてもそれ自体で評価されることは少ないです。逆に海外だと「Ph.D(博士)」を持っているというとそれなりに社会的に評価されます。

どのくらいの期間行くの?

分野によっても違ってくるんですが、修士は2年間、博士は3~4年間かかります。それぞれ自分のやりたいテーマに関して研究をして、論文にまとめて、それが大学によって承認されれば修了できます。大学院の課程に入らず、論文を自分で書いて提出するタイプで学位を得ることも可能です。

ただ、この承認のされやすさというのが大学によってかなりバラつきがあるので、同じ学位を持っていてもかなり能力差が生まれると思います。学位だけ欲しいのであれば、論文の基準が低いところに行くのがいいと思います(研究者としての道は絶望的ですが...)。

金銭面はどんな感じ?

基本的に学費が、国立だと年間50万、私立だと80万~ぐらいかかります。優秀だったり経済的にやばかったりすると免除されることもあります。別途入学金もかかるので、支出はかなり大きいです。

収入源としては基本的に、奨学金(借金)、TA&RA、学振、バイトの4つが挙げられます。

奨学金(借金):これはまじで普通にただの借金です。奨学金は、貸与と給付があるんですが、給付型の奨学金はほとんどないので、貸与という名の借金が増えていきます。貸与型は利子が付く第二種と利子がつかない第一種があるので、第二種だと地獄です。


TA&RA:割の良いバイトです。Teaching Assitant(TA)とResearch Assistant(RA)の略語で、教育や研究の補助をするお仕事です。自分の所属する研究室の潤い状況によって雇ってくれたり、雇ってくれなかったりですが、結構いい感じのお金をもらえるはずです。

学振:日本学術振興会が博士の学生を雇うって感じの形態で、給料がもらえます。だいたい額面で月20万弱ぐらい?毎年審査があるので、それに通れば雇ってもらえます。

私は学振にはフラれたので、第一種奨学金とTA&RAで頑張ってます。
ま、基本的に大学院生はお金持って無いです。 

生活はどんな感じ?

授業とかはほとんど無いので、大体一日を研究室で過ごしてます。「この時間に研究室にいなきゃダメ―」とか「別に研究進めば来なくてもいいよ」とか、それぞれの先生によって方針が違うので、生活スタイルは結構人それぞれです。

私は後者のタイプの研究室にいるので、こんな感じに優雅に平日の昼間に記事を書けているんですね(ただし研究が進んでいるとは言ってない)。

ただし、基本的に研究に関して、自分でほとんどのことをやらなければいけないので、土日とかも大学に来ていることが多いです。修士だと周りが色々手伝ってくれたり、博士の先輩が面倒見てくれたり、結構気にかけてくれるんですが、博士は一応研究のプロになるためのコースですから、独り立ちできるようにならなきゃいけません。

でも大学院生は基本的に自由にコントロールできる時間が多いので、何かにチャレンジするのには絶好の期間だと思います。ガチで研究に没頭するのもありです。

進路は?

修士の場合には、企業に就職する人が多いですね。博士の場合は、普通に企業に就職する人と、大学とかに残る人、家にこもる人の3択です。

企業に入るにも、「扱いづらそうだし、給料高いし...」と嫌煙され、大学に残ろうと思ってもジジイ達が幅効かせてるし、ポスドク(大学に正規に就職できないから、非正規で研究の業績を作る人)も厳しい世界だし、結構修羅の道です。 

大学院生になろうと思っている人へのアドバイスは?

NA☆RU☆NA


うそうそ。いや、楽しいですよ(白目)。

ただ、研究室は本当に選んだ方がいいです。生活の質がかなり変わってきます。研究費が潤沢な研究室か、論文いっぱい書いてる研究室か、自由な研究室か、それぞれ魅力がありますけど、どういうスタイルが自分の目指している道に合っているのかを決めて、適したところに入った方がいいです。この3つ以外の研究室はマジでやめといたほうがいいです。

具体的には同じ研究科の他の研究室の人に評判を聞いたり、HPなどで研究業績を見れば、研究費もってるかどうかや論文の質などが判断できます。

あと、基本的に研究室を迷ったら東大に行くのがコスパが良いです。学費安いし、企業とマッチアップした研究が多いので、企業に就職する時なんかもコネが出来ますし。 

おわりに

何だか自分の生態を描きだそうと思ってただけなんですけど、いつの間にか大学院のススメみたいな記事になってきちゃいました。なにか質問があれば受け付けていますので、お気軽にどうぞ。では、また。

大学院のすすめ―進学を希望する人のための研究生活マニュアル

大学院のすすめ―進学を希望する人のための研究生活マニュアル

 

 

Copyright© 2015-2016 life-abstract.com All Rights Reserved