読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

哲学から学ぶ「The」の意味を大学院生が解説

みなさんこんにちは、Ichiです。

今日はタイトルの通り、哲学を絡めて英語の話をしようと思います。

いや、皆さんが想像するより簡単な話なので、スクロールしてみて下さい。笑

f:id:ibookwormer:20151209180316j:plain

きっと英語を普段使わない人でも、「The」は見たことあるはず。

「A」と「The」のどちらを使えばいいかで悩んだ人も多いはず。

 

ですか、ここでは一切「The」の使い方については解説しません。

 

 

え?

 

 

でもでも、「The」の持っている意味について、根本的なところから考え方をお伝えします。案外根本的な部分を抑えると、「なるほど」と理解に繋がることもありますから、豆知識程度に見ていかれるといいんじゃないかなと思います。

 

「The」の持つ意味については哲学者の話から理解するのが早いので、プラトンアリストテレスのお話からレッツ学び☆

 

 

プラトンのお話

プラトンって名前は聞いたことありません?

この人は、「イデア論」っていうのを唱えた人です。

 

お前たちには物事の本質が見えておらん!そこら辺にあるのは、全部劣化版じゃ。

 

とか言ってる(多分)怖いおじさんです。

 

f:id:ibookwormer:20151209175931j:plain

 

例えば、コップがあるとします。

このコップは職人が作ったものですが、どこからそのアイデアが生まれたのでしょう?

プラトンはこの「コップ」というものの本質、つまり「完璧なコップ」というイデアがあると主張したんです。

 

机なら、机のイデアがあって、そこから発想して机を職人が作る。

イスなら、イスのイデアがあって、そこから発想してイスを職人が作る。

 

といった感じです。

職人の作ったものは常にイデアの劣化版といってもいいでしょう。

 

モノには常に「本質(イデア)がある」という考え方から、「The」の総称用法という使い方が生まれています。総称用法の「The」は「~というもの」という意味を持っています。

 

総称用法で「The moon」と言っている場合には、見えている月の話をしているのではなく、「月というもの」その本質について話していることになります。

 

アリストテレスのお話

アリストテレスはプラトンの弟子ですが、プラトンの考え方はちょっとおかしいんじゃないかと思っていました。

 

イデアとか見えないのに何言ってるのコイツ。こわ。

 

想像するにこんな感じだと思います。

 

アリストテレスは、本質なんかは無くて、多くのものに共通したことが、そのモノを表しているんだと主張しています。

 

つまり、

美人を100人集めて、共通するのはコレ。

普通の人を100人集めて、共通するのはコレ。

ブスを100人集めて、共通するのはコレ。

 

みたいな感じで、共通する「コレ」がそのモノを表しているんだという考え方ですね。この考え方から、「The」の限定用法という使い方が生まれています。限定用法の「The」は「典型的な~」という意味を持っています。

 

限定用法で「The moon」と言っている場合には、「典型的な月」の話をしていることになります。

おわりに

こんな感じで大きく「The」の用法は分かれています。「The」の使い方となると、共通認識がうんぬん、一度見たものはうんぬんという話になりますが、この大きな意味を知っておけば、何となく「A」との使い方の違いぐらいは分かるんじゃないかなと思います。

 

では、また。

Copyright© 2015-2016 life-abstract.com All Rights Reserved