【厳選】iPad Pro 11インチ向けおすすめアクセサリ・デバイスを紹介

こんにちは、Ichi先輩@Abstract1Life)です!

先日iPad Pro 10.5インチに加えて、iPad Pro 11インチを購入しました。10.5インチのiPad Proのアクセサリ・デバイスをそのまま使えると思ったのですが、意外と変更点が多かったので、それに合わせて周辺のアクセサリ・デバイスも新調して購入することにしました。

そこで今回は、私が購入して実際に使ってみた中で、iPad Pro 11インチにおすすめのアクセサリ・デバイスを紹介していこうと思います。

iPad Pro 11インチにおすすめのアクセサリ・デバイス

Appleペンシル(新型)

iPad Proを買う理由として挙げることもあるほどに人気の高いAppleペンシルですが、新型iPadになったことで機能というか形体面が大幅に改良されました。

以前の旧式のAppleペンシルはとにかく「充電の仕方」が「ライトニングの接続口に刺す」という端的に言って非常にダサい方法だったのですが、新型になったことで「iPad Proに装着する」という非常にスマートな方法になりました。

また、持ち運びの際にiPadと別々に持っていったり、カバーで工夫したりする必要がありましたが、iPad Pro自体にくっ付くので、そういった面でも便利になっています。

Appleペンシルを購入しないかたの中に「自分は絵を描かないし、下手だから」という方がいらっしゃいますが、個人的にはそんな人にほど買ってみてほしいです。

イラストを描くというのは1つの機能ではありますが、資料に注意書きを入れたり、簡単な図解を書いたり(絵心は必要無い)、手書きのメモをとったりといった風に様々な用途があります。

iPad Pro 11インチを持っているのであれば、セットで購入してあげたいおすすめのデバイスですね。価格はそれなりにしますが、 パフォーマンス面が圧倒的なのでコスパは高いです。

Smart Keyboard Folio

こちらもAppleペンシルと同じくらいにおすすめしたいデバイスの1つですが、キーボード付きのカバーケースです。

他社のキーボードケースを使ったり、カバーとは別に無線キーボードを持ち歩いたりする方も見かけますが、個人的にはこの「Smart Keyboard Folio」が圧倒的に優れていると思います。Appleの公式品だからとかではなく、機能などを検討した結果としておすすめです。

詳しくは記事にレビューを書いてあるのでコチラでご確認ください。

関連記事iPad Pro 11インチ用Smart Keyboard Folioを旧型と比較レビュー

職場で腰を据えて文章を書いたり作業をする場合には少し物足りないかもしれませんが、外出先でメールの返事をしたり、文章を書いたりという方には圧倒的におすすめしたいデバイスです。

打ち心地が気に入らなくて、いつも使っているキーボードを一緒に持ち歩きたいという方には何も言えませんが、他社のキーボードケースを使うのであればこのキーボードケースがいいと思いますし、これをつけるだけでiPad Proの機能が拡張できますよ。

USB-C 変換コネクタ

こちらはオプションの様なアクセサリで、常時使う様なものでは無いので優先度は低めですが、ビジネスでつかったり、iPad Proでなんでも作業をする方は購入するのがおすすめです。

私が購入したのは下記の3種類のコネクタです。

・USB-C to HDMI

・USB-C to USB

・USB-C to SD

まず、HDMIコネクタについては画面を出力する際に使用するので、iPad Proを使用したちょっとしたプレゼンに対応できます。スライドを使ったプレゼンも大丈夫ですし、イラスト・写真・動画・サイトなどを行き交いながらのプレゼンにも便利です。

また、スマホゲーム・ゲームアプリが好きな方であれば、機器さえあればHDMIでキャプチャーボードを通じて画面出力もできるので、スマホゲームの実況動画を作る用途にも使用可能です。

特に「YouTube」「Twitch」などの配信先のこだわりのない方であれば、下記の「ミラティブ」アプリで機材なしでゲームアプリの実況ができるので、こちらもおすすめです。

ダウンロードはコチラ

Mirrativ(ミラティブ)−スマホで簡単!人気ゲーム実況

Mirrativ(ミラティブ)−スマホで簡単!人気ゲーム実況
開発元:Mirrativ, Inc.
無料
posted withアプリーチ

USBコネクタについては、ファイルのローカル保存やその他細かな機器との接続のために使います。クラウドでやり取りするのが好ましいですが、どうしてもUSBメモリなどを渡される機会も多いので、そういった時に持っていると便利です。ただ、個人的に優先度は低めですね。

SDコネクタは主に写真や動画の取り込みに使用します。個人的には画像の編集をする際などは腰を据えてPCで「Photoshop」「Lightroom」などで作業したい方ですが、外出先で済ませた方がスムーズな時も多いので、その場で取り込んで作業しています。

本当に細かい部分の調整などについてはPCでの作業の方が手慣れているのでいいのですが、Appleペンシルの作業性なども含めてAdobeアプリでのiPad Proでの作業もそこまで苦になりません。かなり何でもこなせるデバイスになってきていると思います。

ということで、他の機器との連携を念頭に置いたアクセサリである「変換コネクタ」は自分で出会う機会が多い場面にあったモノを選んで購入するのがおすすめですね。

iPad Pro 10.5インチとの違い

今までiPad Pro 11インチのデバイス・アクセサリについてお話ししてきましたが、旧型の10.5インチのデバイス・アクセサリとの違いについて少し解説します。

まず、iPad Pro 11インチ自体が10.5インチとはそれなりに変わっている部分が多い「メジャーアップデート」という感じなので、周辺デバイス・アクセサリにも変化が多いのは当然という感じです。大きな違いは下記の通りです。

・接続口が「ライトニング」から「USB-C」に変更

・ベゼル(画面の端)部分が大幅に小さくなった

・ホームボタンの廃止

・Touch idの廃止とFace idの導入

Appleペンシルについては完全に上位互換という感じで、今まであったデメリットが解消された様な感じです。

Smart Keyboardに関しては、ほぼ上位互換ですが、タブレットして使う際に、キーボード面が露出してしまう部分が個人的には気になります。こちらの比較は下記記事に詳しく書いてあるのでそちらをご覧ください。

関連記事iPad Pro 11インチ用Smart Keyboard Folioを旧型と比較レビュー

変換コネクタについては、接続口が変わったのに伴って、かなり大きな変化がありました。iPad Pro 10.5インチまではライトニングだったので、iPhoneなどと共用で使用できていたのですが、11インチでは使えません。

その代わりに、USB-Cを採用しているMac bookを使っている方であればPCと共用することが可能なので、もともとPCで使っていた人はそのまま使えるのがメリットです。どちらが良いか微妙なところですが、全て規格を統一して欲しいところですね。

まとめ:iPad Pro 11インチ向けおすすめアクセサリ・デバイス

今回はiPad Pro 11インチのデバイス・アクセサリ周りのおすすめ品を紹介してきました。

紹介したiPad Proを含めてタブレットって、買ったのはいいけど持て余しているという方が結構多いように思います。結果的に自宅で横になって動画見るのにつかっているだけみたいな方も多いんじゃないでしょうか。

個人的にiPad Proに関してはアクセサリ・デバイスとアプリでかなり使い道が変わると思っているので、この機会にぜひ充実させるのを検討してみてください。