YouTubeへのゲーム実況動画アップの仕方|撮影から編集・アップロードまで【配信用おすすめ機材】

こんにちは、Ichi先輩@Abstract1Life)です!

YouTubeやニコニコなどで人気のゲーム実況動画ですが、実は投稿するのは結構簡単です。必要な機材などを考えるとそれなりに揃えるのが面倒だと思う人もいるかもしれませんが、趣味としてはかなり安価にできるし生産性のある趣味だと思うので個人的にはおすすめですね。

今回は実際にYouTubeにゲーム実況を投稿している私が、撮影・編集・アップロードまで、おすすめの機材を織り交ぜつつ、どのような風にしているのか解説していきます。

YouTubeへのアップロードまでの大きな流れ

解説する方法でYouTubeにアップした動画

【DbD】殺伐とした世界に奇跡の感動ストーリーが!vsレイス【実況】

アップロードまでの4ステップ

収録環境の製作→撮影→編集→アップロード

基本的には上の様な4ステップでYouTubeに動画をアップロードすることが可能です。

実際には収録環境は1回整えてしまえば次回以降はそのままで大丈夫なので、3ステップで投稿・アップロードまで行なうことが出来ます。ゲームの内容や編集への凝り方みたいなものもあると思いますが、大体1本の動画を製作するのに短くても1時間~2時間程度はかかりますね。

ゲーム実況の撮影方法

ゲーム実況を撮影する為には、機材をそろえることと、ソフトをそろえることが必要です。ゲーム実況のスタンダードな方法は下記の通りです。

PCの画面に映ったゲーム画面を録画+同時に自分の声も入れる

①PCにゲーム画面を取り込む

ゲーム実況をしようと考えているハード(ゲーム機)によって必要な機材が変わってきますが、もしゲーミングPCでゲームをしている方は既にPC上にゲーム画面が表示されているので、ゲーム画面を取り込むために特に機器を揃える必要はありません。

関連記事【最新版】ゲーミングPCおすすめランキング|価格相場・マウス・キーボード

もしPS4や任天堂Switchなどのソフトを実況しようと考えている場合には「キャプチャーボード」と呼ばれる、ゲームの映像をPCに取り込む機器が必要になりますので購入を検討してみてください。キャプチャーボードは大体1万円~2万円程度が相場ですね。

私も使っていて個人的におすすめの機材はコチラの「MonsterX」で、キャプチャーボードの中では比較的安価なのですが、パススルーという遅延なしでゲーム画面が表示できる機能を搭載していてかなりコスパの良い製品です。軽いし小さいので置き場にも困らないですよ。

②実況の音声を入れる

ゲームをやりながら音声を入れる人と、後付けで音声を入れる人と様々だと思いますが、どのみち音声を入れるための機材が必要です。

必要なのはUSBマイクまたはヘッドセットで、高価なモノではなくても全然大丈夫です。イヤホンマイクでは音声を入れると声の大きさが安定しない+ノイズも大きいのでおすすめしません。なるべくならデスクに置けるタイプのUSBマイクもしくはヘッドセットがおすすめです。

私も使っていて個人的におすすめの機材はコチラの「SONY製マイク」で、コスパの良いUSBマイクとして重宝しています。もしヘッドホンを持っていない方は下記の様なヘッドセット(マイクとヘッドホンの一体型)を購入してしまった方が便利だと思います。

③ゲーム実況動画を録画する

PCに表示させたゲーム画面を録画するにはソフトを使用する必要がありますが、無料ソフトで十分に録画できます。高画質かどうかという問題に関しては、どの程度高画質向けの設定をPCが許容できるかという問題になってくるので、ソフトより高スペックPCを購入しましょう。

普段使っているのは「OBS Studio」というソフトで、Live配信・生放送向けのソフトとして紹介されることも多いのですが、録画用ソフトとしても活用できます。「アマレコTV」も無料ソフトとしてよくおすすめされますが、Live配信もする予定があれば「OBS Studio」でOK!

参考 OBS StudioのダウンロードページOpen Broadcaster Software

OBS起動→(初回:「設定」→「出力」→「録画」を設定)→「録画開始」ボタンを押す

基本的には設定さえしてしまえば、ソフトを起動して「録画開始」ボタンを押すだけで録画出来て、もう一度ボタンを押せば終了するだけで簡単に実況動画の撮影が出来るようになります。同じく設定をしてしまえば「配信開始」ボタンでLive配信が出来るので便利ですよ。

種別:標準

録画フォーマット:mp4

エンコーダ:x264

レート制御:OFF

CRF:20

CPU使用のプリセット:veryfast

コチラがOBSの「録画」部分の設定ですが同じように設定してみてください。もし録画してみて画面がカクつくようだったら「CRF」の値を少し上げてみて(値が低いほど高画質)調整してみましょう。また「設定」の「音声」でマイク音声デバイスにマイクを追加しましょう。

あとは、OBSの「ソース」部分に「」ボタンでウィンドウキャプチャを追加すればOKです。キャプチャーボードに付属のキャプチャーソフトを起動してゲームを立ち上げ、OBSの画面にもゲーム画面と音声が入っていることが分かれば設定は終了です。あとは録画出来ますよ。

もしYouTubeやTwitchなどでLive配信をする予定で、そちらの設定もしておきたいという方は下記記事で設定を解説していますので参考にどうぞ。

関連記事PCでのゲーム実況(Switch・PS4)のやり方を解説!動画配信のおすすめ方法

実況動画の編集方法

録画した動画は先ほどの「動画」の部分で設定したフォルダに保存されているので、どのような形で保存されているかまずは確認してみましょう。もし上手く保存できていなかったらOBSの設定を調整します。基本的にOBSに映っていれば録画にも反映されているはずです。

動画編集はソフトが必要で個人の好みがあるのですが「Final Cut|Apple」と「Premiere pro|Adobe」の2択だと思います。私は他のアドビのソフトであるPhotoshopなども使うので「Premiere pro」を使って編集をしています。無料ソフトはあまりおすすめできないですね。

Adobeのソフトは色々と捗るので「Creative Cloud」を購入・契約するのがおすすめです。

Premiere proでの編集

編集方法は基本的に「Premiere pro」の編集方法の解説になってしまいますが、各セクションの役割を理解すれば「Premiere pro」の操作はかなり簡単です。色々なプリセット(画面構成)がありますが、個人的には「エフェクト」だとゲーム実況動画の編集がしやすいですね。

左上:ソース動画(元動画)

右上:編集が反映された動画

左下:動画や音楽などのファイル

右下:タイムライン

右横:音楽・画像・動画用エフェクト

エフェクトのプリセットを選んだ画面の構成は上記の通りですが、編集する為にはまず左下の部分に動画ファイルをドラッグして入れます。続いて入れ込んだ動画ファイルを左上にドラッグしてソース動画として表示しましょう。

ソース動画の下にある「{」と「}」のボタンをクリックすると、その動画の始まりと終わりの位置を設定できます。設定した動画を、右下のタイムラインにドラッグして入れ込めば、右上に反映された動画が表示されます。

この状態で「ファイル」→「書き出し」を行うと、編集された動画を出力できます。

大まかな流れ:左下に保存している動画をドラッグ→左下から左上に動画をドラッグ→始まり・終わりを指定して右下に動画をドラッグ→「ファイル」から「書き出し」を選んで編集した動画を出力

Premiere proの細かな編集テクニック

テキストを入れたい場合

タイムラインの左側の「横書き文字ツール」を選択して、右上の動画上でクリックしましょう。文字を入力できる状態になるので、入力したら、大きさや装飾などは右横のエフェクト欄から「エッセンシャルグラフィックス」を選択すると可能です。

カットしたい場合

タイムラインの左側の「レーザーツール」を選択して、タイムライン上でカットしたい位置でクリックしましょう。必要の無い動画部分は、画面上で右クリックして消去もしくは「Back Spaceキー」や「Deleteキー」でも消去可能です。

音楽・効果音を入れたい場合

左側のボックスに使いたい音楽や効果音のファイルをドラッグしていれ、さらにそのファイルをタイムラインにドラッグします。ゲーム音とのバランスを調整するのは左上のソース動画欄の中の「オーディオクリップミキサー」を選択して調整します。

動画のアップロードの方法

まず前提として自分のYouTubeアカウントを作成しておきましょう。Googleアカウントで製作しますが、コチラだと本名でのチャンネル製作になってしまうので、動画アップロード用のアカウントを別途作成するのがおすすめです。

自分のYouTube画面の右上にアイコンがあるので、そこをクリックすると「アカウントを切り替える」という項目があります。その部分をクリックして「アカウントを追加」で別のアカウントを製作する事が可能です。この名前がチャンネル名になるので考えてつけましょう。

動画をアップする手順として、まず右上のビデオカメラマークから「動画をアップロード」というボタンをクリックします。次の画面で先ほど録画した動画を選択するとアップロードが開始されます。アップロードされるだけで公開はされないので安心してアップしましょう。

動画のアップロードを行っている画面では、動画のタイトル・概要・タグに加えて詳細な設定をすることが出来ます。タイトルや概要はもちろんですが、ゲーム実況であれば詳細設定のタブで「カテゴリ」を「ゲーム」にして「ゲームタイトル」も入力しておくのがおすすめです。

また、基本情報の下の方に動画のサムネイルを選ぶ欄があって、自分でサムネイルを作っている場合には「カスタムサムネイル」を選択することで、アップロード・使用することが出来ます。

YouTubeのサムネイルサイズ:1280×720

サムネイル制作に関しては視聴者を集めに効果的なので別途製作するのがおすすめですが、もしAdobeを契約している方であれば「Photoshop」を使えるので便利です。「新規作成」→「ドキュメントの種類:フィルムとビデオ→HDV HDTV 720p」で簡単にサイズが合います。

サムネイルを設定して他の項目も設定出来たら右上の「公開」ボタンを押せば公開されます。

まとめ:YouTubeへのゲーム実況動画アップの仕方

今回は、ゲーム実況の撮影をして、編集して、YouTubeにアップロードするまでの大まかな流れについて解説してきました。

機器さえあれば、実際に投稿するまでそこまで大変な作業はないので、誰でも挑戦できる良い趣味じゃないかなと思います。編集に凝ったり、撮影の仕方を工夫したり、色々あるのでやり込めるし何より楽しいので、よかったらゲーム実況始めてみてはいかがですか。

もしよければ、下記の私のYouTubeチャンネルもチャンネル登録よろしくお願いします

参考 Ichi先輩チャンネルYouTube