暇なときの暇つぶし方法を伝授!|暇すぎるあなたの具体的なやることリスト

こんにちは、Ichi先輩@Abstract1Life)です。

暇なときに何しようと思って「暇 やること」とか「暇つぶし 方法」とかGoogle先生に打ち込んでみても「映画を見ましょう!」「読書をしましょう!」という抽象的な案しか載っていないまとめばかり出てきます。

個人的にはそういう記事を読んでも特に実践してみようと思った事が無いので、今回はもっと具体的に暇なときにやることを何個かピックアップしてご紹介します!

1.情熱大陸を見る

そもそも、みんなが「暇」という概念について考えたときには、大体間違った認識をしています。大体の場合「暇だ」って思う時には、やることが無いんじゃなくて、やる気が無い場合が多いです。

なので「暇」状態を解消するには、やる気に対してアプローチしてやるのが一番早い気がします。やる気を出すために一番良い方法は私の体験的に「情熱大陸」を見るのがオススメです。

映画を見ても大体やる気が出るんだけど、ジャンルを選ぶのも面倒だし、何より時間が長いと思うとちょっと見始めるのに抵抗があります(暇なのに)。

それに比べて情熱大陸は気になる人を選ぶだけなので、選択肢が映画ほど多くないし、30分で見終わると思うとすぐ見始められるのが良いところです。

情熱大陸を見てやる気が出たらその日が丸儲けなので、この暇つぶしリストの中でも、まずは情熱大陸を見ることを試してもらいたいです。

2.ヘッドホンをつけてクラブミュージックを聞く

暇なときは大体テンションが低いことが多いです。テンションの低さゆえに、動くことすらだるい。そんな状況を打開するためにはヘッドホンをつけてアゲアゲな音楽を聴くのがいいです。

アゲアゲな音楽を聴いてもテンションはあがらないだろうって?騙されたと思って一回やってみて欲しいです!きっとテンション上がりますよ。

iTunesでもYoutubeでも「テンションを上げたい時」用のフォルダやリストを作っておくと何かと便利な場合が多いですよ。もし何を聞いたらいいか分からない時には「クラブミュージック」で検索すれば色々出てきます。

あと、ヘッドホンは別にイヤホンでもいいんですが、ワイヤレス・コードレスなものがとっても便利だと思います。家の中を音楽聞いたままコード気にしないで動き回れるし、気分がのってきたら体を動かしても気持ちいいです。

え、みんな一人で音楽聞きながら踊ったりしてるでしょ?私だけじゃないよね!?

3.自分の持っている一番オシャレな服に着替える

何となく服の着まわし方って決まってるけど、そのなかで一番オシャレな服の組み合わせを考えるだけでもなかなかに時間を使います。そして実際に着替えるのがポイントです。

一番オシャレな服に着替えたら、自然と、いつもは行かないようなところに足を運んでみようという気分になったり、人がいるところに行こうかと思ったりします。

でも具体的にどこに行こうかという案は着替えるまで一切考えなくていいです。考えた瞬間にまた「暇」な状態に戻ってしまうので、とりあえず着替えてみましょう。考えるのはその後でも全然遅くはないと思います。

4.ゲーム・ゲームアプリで遊ぶ

他の暇つぶし方法に比べてわりと普通っぽいですが、PS4やSwitchなどのゲーム機で遊んだり、スマホで無料のゲームアプリを遊んだりするのはかなり暇つぶしになりますし、なによりコスパが凄まじくいいです。

PS4やSwitchは電源をつけるのが何だかんだ言って面倒だなって思っちゃうことも多いので、個人的にはスマホのゲームアプリで遊ぶのがおすすめです。パパっとインストールして遊び始められるので、めんどくさい感じも薄いです。

おすすめのジャンルとしてはRPG・アクション辺りが長く遊べるので、暇つぶしには適したジャンルだと思いますが、どのゲームが良いか分からないという方コチラの記事を見てもらえればと思います。

【最新】2018年版人気のおすすめ無料スマホゲームアプリランキング 【iPhone & android 対応】

5.温かい飲み物・スープを飲む

これは別に夏だろうと冬だろうと関係なくオススメです。小難しいものを作る必要はないので、粉にお湯を注ぐようなタイプのもので構いません。個人的にはココアとかちょっと甘いものの方がいいと思います。

  1. お湯を沸かす
  2. 粉をカップに入れる
  3. お湯をカップに注ぐ

とっても簡単な3ステップです。

とにかく「暇」な状態から脱却するためには、何かを始める必要があります

冷たい飲み物だと飲むのに手間がかからないので、「何かを始めた」という状態にカウント出来ない場合が多いです。それに比べたら温かい飲み物は多少手間がかかるし、飲み切るのに時間がかかるので、行動開始に繋がります。

6.本屋・書店に行く

これは他の「やること」に比べたら多少レベルが高いです。でも、「読書をしよう」というのよりはハードルが低いと思います。「行くだけ」で大丈夫です。過去に書いた記事でも述べたように、本屋には色々なジャンルの本に出合うために行きます。

本屋に行ったらできるだけいろんなコーナーをぐるぐるするのをおすすめします。色んな本の表紙を目にして、とても興味が惹かれる本があったら買ってもいいし、雑誌を立ち読みしてやるべきことを思い出すかもしれません。

どちらにしてもこの一日では終わらないタスクをゲットできるはずです。

本屋にいって何も得られなくてもそれはそれでいいと思います。せっかく家から出てきたのだから別のところにも寄っていきましょう

家に帰るなら掃除道具でも買っていくのはどうでしょう?古い道具があっても気にせず新しいものを買っていくと無性に掃除のやる気が出る場合もありますよ。

まとめ:暇なときにやること

今回は具体的にできることとして、暇なときにすることを6つ挙げてみました。少ないと思うかもしれませんけど、だいたいこの6つのどれかを実施したら、次々にやることが増えていくと思うので、とりあえずこれらをやり始めてみて欲しいです。

下記の記事では私の考えた「きっかけ」を100個のアイデアで提案していますので、よかったらこちらの記事もいかがですか?

暇・無気力でダラーっとした時にやり始めたい「きっかけリスト100」のご提案

他に暇つぶしに使える記事としては下記の記事が参考になると思うので、良ければコチラもご覧ください。

【最新】2018年版人気のおすすめ無料スマホゲームアプリランキング 【iPhone & android 対応】 【2018年版】最高に面白いおすすめ漫画ランキング厳選TOP107!-Webマンガ入り-