ロボットはどうなるの?Pepper君の使い方を全力で考察

みなさんこんにちは、Ichiです。

 

Pepper君、ご存知ですよね?

独特なフォルムで、色々受け答えをしてくれるロボットですよ。

f:id:ibookwormer:20151214124702p:plain

 

 

そんでね、私思ったんです。

 

 

コイツ何に使ったらいいの?

 

 

今のところの仕事は、

 

・展示会で愛想を振りまく

・お店で愛想を振りまく

 

 

おいおい、AIBOから全く成長してねえじゃねえか。

 

blog.livedoor.jp

 

挙句の果てにはティッシュ配りですか...。こいつは使い物にならん...。

 

nikkan-spa.jp

 

いや、無理だろ。

 

 

「空気を読んで、学んで成長していくのがコンセプトだ」って怖いよ。

ロボットに空気読まれて気を使われるとか嫌だし。

 

どうしたらいいんだろう...。

  

Pepperの概要

そもそも、Pepperの今後を考えるにあたって、詳しく知っておく必要があるだろう。

 

料金は、本体価格+基本プラン×36ヶ月+保険パック×36ヶ月が基本になるらしい。

 

ふむふむ、3年間使う感じで設定されているわけだね。基本プランに入らないと会話とか出来ないみたいだし、入らざるを得ないよな...。

ほう、一般向けと法人向けがあるのね。法人向けはビジネス用の特別なプランなのか。

 

それで、大体3年でいくらぐらいになるの?

 

 

一般向け

110万円

 

法人向け

230万円

 

 

 

ほげええええええええええええええええええ

 

 

 

うん。まぁでも、会社とかで使うとしたら年間80万弱ぐらいだし、可能な範囲か。

一般家庭でも余裕がある家なら全然使えない範囲ではないかも(うちは無理)。

 

騒ぎすぎたわ。ごめんPepper。

 

 

それで、何ができるのさ君は?

 

 

どうやら、感情を胸のディスプレイで表現できるらしい...

 

 

ウル〇ラマンかよ

 

 

あとは?

 

触れ合いや会話によって感情が変化していったり、色んなデータ(天気とか)を教えてくれたりするらしい。要するにコミュニケーションが主なPepperの役割と認識して良さそうだ。

 

Pepperの今後

そもそも、ロボット業界がAIBOから全く成長してないと思うのが、ロボットの形にこだわりすぎているという点。ロボットの原則としてはアイザック・アシモフが唱えた3原則が有名で、「人間に対する安全性、命令の順守、自己防衛機能」が必要であると言われている。

 

私自身もこの3原則さえ守られていけば他は自由だと思っているので、何もコミュニケーションロボットが形を成している必要は皆無だと思う。落合陽一先生の「魔法の世紀」では、メディア装置が意識されない「非メディアコンシャス」の時代が来ると述べられている。これは、TVとかPCなどといったメディア装置が意識されずに、そのコンテンツだけが注目を集めるようになることを思い浮かべてもらえばいいと思う。詳しくはこの記事を参照。

www.life-abstract.com

つまり、私としては、ロボットもある意味メディア装置であって、形うんぬんではなくて、そのコンテンツにもっと重点を置いて開発したらどうなのかと思ってるって話。

 

Pepperも人型じゃなくして、ただのシステムにした方がいいんじゃね?

 

アイアンマンを見たことがある人なら分かると思うけど、人工知能の「ジャービス」とか欲しくないですか?執事っぽい働きをしてくれますよね彼は。

 

感情があるのも結構だし、空気を読んでくれるのも結構だけど、別にそこらへんうろちょろしてるからって愛着が湧くものじゃないだろうし。胸にパッドがついているのがそもそも超ダサい。「とりあえず色んな最新技術を詰め込んでおけ」みたいな日本っぽい感じがもろに出てるよね。

 

いっそのことコンソメぐらいのキューブにスピーカーでもつけて、デスクに設置できる執事みたいにしたらどう?もしくは、自己発信はしないでひたすら聞き手になってくれるシステムとか。「うんうん。」って全部肯定して話聞いてくれたら、家で奥さんが話聞いてくれないサラリーマンとかに需要出るんじゃないの?

 

とか思うんですけど、みんなどうですかね。

 

Pepper君の良さを全否定してるって?

ティッシュ配りさせるより役立つと思うけどね...。

 

2015/12/18 追記

 

この記事を読んで爆笑しました。

portal.nifty.com

Copyright© 2015-2016 life-abstract.com All Rights Reserved