読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログ・アフィリエイトを研究論文の視点から解説してみた【Part1】

みなさんこんにちはIchiです。

 

今日は、ブログとかアフィリエイトとかそういった分野に関して、研究的な視点としてはどういうことが議論されているのかということについて、論文を探してきましたので、内容をかみ砕いてご説明したいと思っています。

 

論文を検索する際には、論文検索用のサイトを使います。CiNiiとかJ-STAGEなどのサイトが総合的には有名です(各分野によって使うサイトが異なるため)。今回は、CiNiiとGoogle Scholarを使って、調査してみました。あくまでブログとして気軽にやっていますので、研究的な突っ込みはご勘弁ください(Keywordの選定や雑誌の選定など)。

 

それで、色々な論文があるんだろうなー。これでブログのノウハウが分かってウハウハだぜ、とか思って楽しみにしていたんですけど... 

 

検索結果はマイクロブログ(短い文字数のブログ形態:twitterなど)の研究や、これは研究論文なのか?という謎の雑誌の記事が多数を占めていて、かなりカオスな感じでした。笑

 

有益そうな記事はほとんどなくて、あっても5年以上前の論文が多い印象でした。ブログもアフィリエイトも流行からはかなり時間が経っていますから、仕方ないのかもしれませんね。

 

でも、その中から、今でも使えそうな論文をピックアップしたので、その中の役に立ちそうな情報をシェアしたいと思います。

ペルソナ・マーケティング

今回紹介する論文は、ネット上でブログ形態でペルソナ・マーケティングをした場合に、どんな風にモノを買う意思決定をするのかということについて書いた論文です。

 

ペルソナ・マーケティングというのは架空の対象者をとにかく具体的に作りあげて、その人に徹底的に合わせた商品やデザインを作り上げていくマーケティングの手法です。

 

例えば、家具を売るサイトがコンセプトだとして、対象者を作り上げてみると、

f:id:ibookwormer:20151208112331j:plain

28歳女性、デザイン事務所に5年前に就職し、三鷹の駅から徒歩8分のマンションの3階に住んでいる。部屋は1ルームだけど、バス・トイレは別で、木の温かみを重視した部屋のコーディネートをしている。間接照明を多用。趣味は読書で、よく駅前のスターバックスを利用し、毎日30分程度は読書することを心掛けている。最近職場の近くにできたブックカフェが気になっている。

みたいな対象者が出来上がってくるわけです(本当はもっと詳しく書きます)。

 

では、そもそも、どうやったらモノが売れるのかというと、著者は「共感」と「信頼」が重要であると述べています。基本的にインターネット上では、対面状況より「共感」や「信頼」が得難いのですが、

 

ブログは極めて「個人」的なインターネットメディアであり、情報発信者の人柄や誠実さがライフスタイルの表現とともに伝わりやすい点で例外的と言える(星田,2014)ようです。

 

この「個人」というものが、ペルソナ・マーケティングで似ているので、ブログと相性がいいみたいですよ。具体的な読者像を作り上げてブログデザインや記事などの選定をするのが望ましいみたいですね。

商品購買のプロセス

そんでもって、どんな風に購入までのプロセスを辿るかと言うと、7つの段階があるようです。今回の研究では、商品は非定型商品(起業準備スクール)を対象にしていますが、多くのアフィリエイトにも共通した認識だと思います。

 

①問題認識ウェブ検索段階

②目的ブログ遭遇直前段階

③目的ブログ遭遇瞬間段階

④目的ブログ閲覧進行段階

⑤目的ブログ共感構築段階

⑥購買決定段階

⑦購買後再評価段階

 

注目したいのは、この段階の中で①~⑤の段階では、「購買」の心理は全く現れずに、ひたすら「共感」と「信頼」を高めているということです。つまり、共感とか信頼が生まれていない時点で、いくら商品を売ろうとしても、買うなんて心理は全く生まれませんよーって話です。

 

ではどうしたらいいのか?

  

とにかくサイトにくる人に対して共感と信頼を持ってもらうような記事を書くことが大切のようです。具体的には、「正の共感記事」「負の共感記事」の中の「負の共感記事」が必須であることが示されています。

 

「正の共感記事」はブログ著者の成功体験や儲け話です。「PVがこれだけ伸びました!10万PV突破しました!毎月不労所得だぜ、YEAH!」みたいなのがこれにあたります。私のブログでは一切触れられていない話題ですね...。笑

 

「負の共感記事」は著者のつらかった体験や苦労話です。「今月もマイナス値をたたき出しました...。ブログで書く記事が思いつかないです...。」みたいな話です。今のところブログ記事は毎日書いてますので、特に記事の内容には困ってないんですが、このままいくと私のブログはマイナス値をたたき出しそうです。笑

 

この正負の共感記事ですが、負の共感記事がある方が共感を生みやすいことを示しています。失敗とか苦労話などを隠さず、公開していった方が、多くの方に共感を持ってもらえるブログになるようですね。

さらに「共感」と「信頼」を?

さらに、重要になってくるのは、「人生体験の類似性」「記事数」だと述べられています。「人生体験の類似性」は説明不要だと思いますが、ブログを閲覧する対象者がブログ著者と同じような人生体験をしている方が共感を生みやすいことを示しています。プロフィールなど適当に書いている人も多いかもしれませんが、細かく色々なことを書いた方が、見てくれる方に似たような人だと共感してもらえる機会を増やせるかもしれません。

 

「記事数」ですが、どの程度が信頼の目安何でしょう?

この論文では、30記事がブログの良否を判断できる目安だと述べています。

よく、「一か月はブログを続けましょう。」とブログの著者を勇気づけてくれるブログがありますが(私も勇気づけられてます)、一か月続けるとおよそ30記事が完成することになりますから、そのブログの信頼性の目安になっているのかもしれません。

おわりに

こんな感じでご紹介しましたけれど、意外とボリュームが多くなってしまったので、とりあえずシリーズ的に何回かに分けてご紹介しようかと思っています(反響があればですが...)。今回ご紹介した論文はオープンアクセスになっているので、皆さんでも検索すれば閲覧できると思います。詳しく調べたい方はぜひご自分でも読んでみてください。

 

では、また。

 

参考文献

星田昌紀(2014)ブログを利用したペルソナ・マーケティングにおける購買意志決定の研究, 千葉商大紀要,52(1),145-174.

Copyright© 2015-2016 life-abstract.com All Rights Reserved