Amazonギフト券とは?|種類・チャージ方法・使い方を解説

こんにちは、Ichi先輩@Abstract1Life)です!

Amazonギフト券って使った事ありますか?

実はAmazonギフト券と言っても実は色々な種類があるので、普段からAmazonを使う人にとっても微妙に分かりにくくなっています。そこで今回はギフト券について基本的な種類の解説チャージ方法・使い方についての解説をしていこうと思います。

Ichi先輩

人に贈るのにも自分用にするのにも使えるよ!

Amazonギフト券とは?

ネットショップである「Amazon」でのみ使用可能なギフト券で、ギフト券に書いてある番号を入力すると金額分のポイントを入手でき、自由にAmazonでお買い物ができるようになります。

Amazonギフト券の種類

ギフト券は大きく分けて4種類ありますが、人に贈るもの自分で使うものの2つのタイプに分けることが出来ます。

ネットで購入するタイプ以外にも、今回は紹介しませんがコンビニで売っているカードタイプのギフト券もありますが、使い方は一緒です。

  • 人に贈るもの:①Eメールタイプ ②印刷タイプ ③配送タイプ
  • 自分で使うもの:④チャージタイプ

Ichi先輩

それぞれ使い道が異なるので1つ1つ細かく説明していくね!

①Eメールタイプ

Amazonで購入する事で宛先のEメールで送付できるタイプのギフト券です。「15円~50万円」まで送付が可能です。

基本的には人にプレゼントする用途で使いますが、次に紹介する「③配送タイプ」よりは気軽というかフランクな感じで使用する使い道が多いかと思います。

例えば「何かやってくれたお礼」に送ったり「メールアドレスしか知らない関係性の人のプレゼント」で送ったりといった感じですね。

ギフト券の中では特に気軽に使えるタイプなので、Web関係で活動している人にとっては一番身近なギフト券かもしれません。

ギフト券の購入・チャージ方法
メッセージ・送り主の名前・送付先のアドレス・送付希望日などの情報を入力して購入することで、自動的にAmazonからメールで送付してくれます。

②印刷タイプ

PDFにギフト券を出力して相手に送付・自分で印刷して相手に渡すことができるタイプのギフト券です。「15円~50万円」まで送付が可能です。

Eメールタイプよりは少し「ギフト感」が出るかなという程度でなんとも中途半端な立ち位置のギフト券だなという印象です。

緊急の時に使う事が多くて「③配送タイプ」は間に合わないけれどプレゼントを渡さなければというシチュエーションで重宝する感じですね。

ギフト券の購入・チャージ方法
メッセージ等のPDFに入力したい情報を入力して購入することで、PDFを出力できるようになるので、自分で印刷もしくはそのままPDFをメールで送付しましょう。

③配送タイプ

実際に「ギフト券」という形で住所に配送されるタイプのギフト券です。

このギフト券も人へのプレゼントの用途で使いますが「①Eメールタイプ」よりはしっかりとしたプレゼント感が出るので、誕生日や祝い事で送る使い道が多いと思います。

Amazonの欲しいモノリストを公開していたり住所が分かっていたりしないと送れないので、少しハードルが高めです。自宅に送って直接会った時に渡すのにも重宝します。

配送タイプには4種類のタイプがあって形態や最低金額等が異なります。

商品券タイプ

よくある「商品券」のタイプで「500円~50,000円」までのポイントを送付する事が出来ます。

友人同士というよりは少し改まった様な関係性で渡す印象がある配送タイプのギフト券です。

ボックスタイプ

オシャレなボックスに包装されたタイプで「5,000円~50,000円」までのポイントを送付することが出来ます。中には商品券ではなくカードが入っています。

最低金額が5,000円+見た目もオシャレなので完全にプレゼントに適したタイプのギフト券です。

封筒タイプ

封筒に包まれたカードタイプのギフト券で「3,000円~50,000円」までのポイントを送付することが出来ます。

商品券タイプより業務感は無いですが、少し華やかなお祝い事向けな感じのするギフト券です。

グリーティングカードタイプ

折り畳みのカード形式になったギフト券で「1,000円~50,000円」までのポイントを送付する事が出来ます。

手書きのメッセージを書けるスペースがあるので、自宅に送ってメッセージを書いてから相手に渡すような形であげることができます。

ギフト券の購入・チャージ方法
メッセージ等を入力して、ギフトの設定で相手の住所を設定して送付しましょう。手渡しする場合には自宅に送付すればOKです。

④チャージタイプ

※キャンペーン期間限定ポイント還元率

自分で使うためAmazonのアカウントにチャージしておくタイプのギフト券です。「15円~50万円」まで送付が可能です。

普通に考えて単にお金をAmazonポイントに変換するだけではメリットが無いのですが、チャージする際にチャージ金額によってボーナスポイントが付与されます。

キャンペーンなどもあって最大で3%のボーナスポイントがもらえるので、例えば10万円分チャージすれば3,000円分のボーナスポイントがもらえるという形ですね。

Amazonでよく買い物をする人だったり、高額の買い物(家電やプレゼントなど)をする時にチャージタイプを選んでポイントに変換しておくとお得だという事ですね。

ギフト券の購入・チャージ方法
クレジットカード支払いかコンビニ支払いかを選択して、希望金額をチャージしましょう。

現在はプライムデー期間なので「ギフト券チャージポイント還元キャンペーン中」です。詳しくは下記のページから確認してください。

【2018】Amazonプライムデー情報まとめ|おすすめセール商品を解説

ビジネス向けギフト券

実はビジネス向けのギフト券もAmazonは取り扱っていて、贈答用の商品券や大量の顧客へのギフト券の発送など、ビジネスシーンで活躍する様な便利な機能があります。

事前に契約等をしなくても使える機能があるので、もしビジネスシーンでのギフト券の活用を考えている方はコチラのページを要チェックです。

ギフト券の使い方

ギフト券の使い方は簡単で、以下のページに送られてきたギフト券に記載されている「ギフト券番号」を入力するだけです。

入力することで自分のアカウントにギフト券に記載されているAmazonポイントが登録されるので、商品を購入する際にポイントを使用して支払いをすることができます。

ちなみに④チャージタイプの場合には直接自分のアカウントにAmazonポイントが登録されるので、ギフト券番号の入力等は不必要です。

ポイントの有効期限
有効期限は10年間なので、チャージタイプで多めに入金しておいてもすぐに消費する必要はありません。

自分のポイントがどの程度残っているのか?ちゃんとギフト券が登録されているのか?確認したい場合には下記のページで確認できます。

参考 残高・利用履歴を確認するAmazon公式

偽物・使用済みギフト券に注意!

最近はネット通販ショップメルカリ・ヤフオクなどのフリマアプリで少しお得な金額でAmazonギフト券が売られている場合があります。

一部は本物のギフト券や未使用品ですが、偽物のギフト券や使用済みのギフト券が出品されている場合も多いため、Amazon公式以外での購入は控えた方がいいと思います。

まとめ:Amazonギフト券

今回はAmazonのギフト券の種類の解説や買い方・使い方をご紹介してきました。

Amazonの公式ページでもギフト券に関する情報を紹介したページがあるので、規則や詳細はコチラからご確認ください。

参考 Amazonギフト券の規則・詳細Amazon公式