読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

濃厚なカニディップが最高!じゃがりこ贅沢カニだし味を食レポ

Things Things-食

f:id:ibookwormer:20160630125010j:plain

大学院生あるあるの1つ、研究室に学会のお土産が集まる現象が本日も発生して、こんな美味しそうなお菓子が置いてあったので、食レポをしようと思います。

 

こちらは、日本海地区限定発売のじゃがりこ「贅沢カニだし味」でございます。

 

どこらへんが贅沢なんだい?カニってだけじゃ納得出来ないぞって所に光る「ディップ」の4文字。これは期待できそうです。じゅるり。

 

じゃがりこの内容物

f:id:ibookwormer:20160630125426j:plain

まずは、こちら、じゃがりこ本体です。じゃがりこなら私はジャーマンポテトが至高だと思っていますが、今はもう販売されていないので、サラダ味に甘んじております。

 

贅沢なものになると、キリン毎度おなじみギャグもキレが違いますね。

 

さて、今回のこの贅沢カニだし味は、開けてみると、本体はかなり短いサイズになっています。恐らくディップの味で本体をしっかり包んで味わえるように考えられたサイズなのかと思います。本来のじゃがりこの約50%程度の大きさではないでしょうか。

 

f:id:ibookwormer:20160630125850j:plain

コチラが注目のカニディップソースです。持ってみるとかなりの重量感があります。これは期待できますね。描かれているカニも不敵な笑みを浮かべています。

 

f:id:ibookwormer:20160630130127j:plain

裏面を見てみると、原材料名のトップに「ベニズワイガニ」の文字が!

 

これは、ズワイガニが一番多いことを意味していて、この時点でかなりテンションが上がっています。ズワイガニたっぷり...。では、開封して、実食に移ります。

 

いざ実食!

f:id:ibookwormer:20160630142947j:plain

こちらが付属の小皿にカニディップソースをぶちまけたものです。見えますでしょうか?このカニのエキスが存分に入ってそうなとろみのあるソース

 

カニの身と思われるものも、かなり多く入っていますね。

 

f:id:ibookwormer:20160630143321j:plain

このソースにじゃがりこ本体をつけて...

 

f:id:ibookwormer:20160630143425j:plain

ぱくっ。

 

 

大 満 足

 

いや、これね、相当このディップソースが美味いですよ。

 

味の方向性としては、うま味の際立つ甘酸っぱさというか、程よく酸味が効いていて、爽やかなんだけれど、同時にカニの持つ甘みと濃厚さが同時に口の中に広がる感じですね。ちょっと高級な天津飯に掛かっていそうな餡を彷彿とさせます。

 

流石にカニの身感を味わうことは出来ないんですが、それでも風味とうま味が充分にカニの存在を感じさせてくれます。カリッと口に入れた後のザクザクとしたポテトの食感とソースの柔らかさがたまりません。

 

じゃがりこ本体にはほとんど味付けはなされていなくて、良いジャガイモの風味を感じます。ただ、やはり完全にメインはディップソースですね。

 

f:id:ibookwormer:20160630143241j:plain

パクパク食べてたら、あっという間に無くなってしまいました

 

1箱に4セットしか入っていないけど、もう1セット食べちゃいたいな...。

まとめ

f:id:ibookwormer:20160630125010j:plain

じゃがりこ贅沢カニだし味は美味い!

 

販売地域は、秋田、山形、新潟、富山、石川、福井、京都の様なので、気になる方は探してみてくださいね。ちょっと高いですけど、美味しいですよ。では、また。

Copyright© 2015-2016 life-abstract.com All Rights Reserved