「いらない」何て言わせない!? お薬手帳持参で安くなる点数の変更について 【2016年4月改正】

みなさんこんにちは、Ichiです。

私は毎月病院に通っていて、痛風のお薬をもらってるんで、この業界にはある程度アンテナを張ってるんですけど、2016年の4月からお薬手帳を持参することで、一定条件付きでかかる金額が安くなるという情報を耳にしました。

逆に言えば、お薬手帳を持参しないと、従来よりも高くなるので注意です。

お薬手帳について

f:id:ibookwormer:20160407144022j:plain

私自身は結構このお薬手帳の存在については疑問視している部分があります。

お薬手帳は、服用したり使用した薬の履歴を記録して、薬剤師が患者の情報を得た状態で、処方する薬の安全性や有効性を判断するためのアイテムです。複雑な薬を服用していたり、飲み合わせや食べ合わせが薬効に影響する場合には便利なものかもしれません。高齢の方や記憶力が落ちてきた方にとっては医学的な管理のためにも必須でしょう。


ただ、私自身は毎月ただ痛風の薬をひたすらに飲むだけですし、特に記録の必要性を感じません。また、処方箋の必要のない薬を服用したりする時には記録しませんので、完全に薬情報を網羅できるわけではないです。網羅したからといって何というワケでもないですけどね。

というわけで、お薬手帳に関しては選択制にしてもらいたいというのが本音です。

ですが、今回の改正ではお薬手帳を持っていないと代金が高くなってしまうので致し方なく、お薬手帳を持参する羽目になるでしょう。

点数の変更について

医療では基本的に費用を点数で計算しますが、健康保険を使っている場合は1点=10円換算です。

薬をもらう時に明細を見てもらうと分かりますが、薬の代金(薬剤料)以外にも、調剤技術料薬学管理料というものが発生しています。基本的にはこの点数は国で決められているので、ほぼ一律です(調剤技術料は薬局の規模や時間帯によって点数が変わります)。

①薬剤料は単純に薬の料金
②調剤技術料は調剤する為に必要な料金
③薬学管理料は患者の状態や服用歴に対する指導の料金


だと思ってもらえたらいいと思います。

今回の変更はこの③の薬学管理料の変更が主な点です。

f:id:ibookwormer:20160407140538j:plain

今までは、この薬学管理料はお薬手帳を持参した場合に41点、お薬手帳を持参しなかった場合に34点でした。健康保険に入っている方であれば、3割負担ですので、持参した場合には約120円、持参しなかった場合は約100円です。

今回の変更では、お薬手帳を持参した場合に38点、お薬手帳を持参しなかった場合に50点です。3割負担で考えると、持参した場合には約115円、持参しなかった場合には150円です。

また、薬学管理料が38点になるためには条件があって、以前に処方を受けてから6ヶ月以内の薬局であることです。つまり、長期間行っていなかったりすると、50点になって次回からまた38点になる形です。

付け加えて、大きな病院の近くにある大型門前薬局という区分の薬局はお薬手帳を持っていても50点なので注意が必要です。

個人的な印象としては持参すると安くなるというよりも、持参しないと高くなるという方が強いですね。保健適応で支払う金額はそこまで変わらないような気がしますが、残りの金額分は税金で賄われているので、この改変はいかがなものでしょうと思います。

お薬手帳の電子化

最近ではお薬手帳も電子化の流れが出ていて、お薬手帳アプリというものも出てきています。しかし、統一されているワケでは無くて、バラバラに色々な企業や団体が出していて、カオス状態

認可されているアプリなら実際に使用できるようですが、薬局の方が対応していなかったりして、現状では使える機会がかなり限定されます。

お薬手帳が手元にあって災害の時に便利だったという話も聞きますが、お薬手帳を肌身離さずに管理している人はあまりいないでしょう。そういった特殊な例を持ち出して有用性をアピールするのはどうかと思います。みんなスマホの方が持って逃げるでしょう。

薬の履歴を自分でも管理して、どこの薬局や病院でもデータを共有するという考えはいいのですが、いまいちプロダクトとして完成していないのがもったいない部分です。

厚生労働省も電子版の標準化に向けて動いているみたいですが、薬局への持参を促すのであれば、急速に進めて欲しいと思います。では、また。

Copyright© 2015-2016 life-abstract.com All Rights Reserved