読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Amazonランキング大賞のカテゴリーごとの特徴を解説

みなさんこんにちは、Ichiです。

今年もAmazonランキング大賞が発表になりましたね。これは、2014年11月17日~2015年11月15日までの一年間を通じて、各カテゴリーで、レビュー評価が高かったもの、ギフトとして一番送られた物、一番売れたものなどをランキング形式で発表するものです。


色々なカテゴリーがあるのですが、ジュエリーとか、ペット用品とか個人的にはあんまり興味がないんで、主要なカテゴリーごとのランキングと、そのランキングの特徴をご紹介していきます。

目次

本カテゴリー

www.amazon.co.jp 

私も大好きで愛用している本カテゴリーですが、

第一位は「(日めくり)まいにち、修造!

(日めくり)まいにち、修造!

(日めくり)まいにち、修造!

 

 第二位が「火花

火花

火花

 

 第三位が「嫌われる勇気

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

 

第二位の「火花」は芥川賞で一気に話題になって、書店でも品薄のお店も出たようですし、順当です。私も読んだので、今度書評を書きたいと思ってます。

第一位と第三位からは、日本人が「ポジティブ思考」を求めている傾向が読み取れます。修造さんの本は言わずもがな、元気をもらえて、修造さん自身のポジティブな考え方を吸収できる本です。第三位はアドラー心理学について解説した書籍ですね。アドラー心理学の基本的な考え方では、人の行動の動機を過去の「原因」ではなく、今の「目的」であるとしています。つまり、変わらない選択をしているのは自分で、変わるための勇気が不足しているんだというお話です。もっとポジティブに考えて、前に進まなければという日本人の声が聞こえてくるようですね。

また、1~10位の間に2冊、11位~20位の間に2冊英語に関しての勉強法の書籍がランクインしています。やはり英語の学習は多くの人が問題意識を抱えているようなので、英語学習の記事やサイトなどは人気が出るんではないでしょうか。 

Kindle本カテゴリー

www.amazon.co.jp

本屋まで行くのが面倒だったり、セールなどがやっていると、パッと1クリックで買ってしまうKindle本ですが、

第一位は「ダンジョン飯2巻

ダンジョン飯 2巻<ダンジョン飯> (ビームコミックス(ハルタ))

ダンジョン飯 2巻<ダンジョン飯> (ビームコミックス(ハルタ))

 

 第二位は「進撃の巨人(17)

進撃の巨人(17) (講談社コミックス)

進撃の巨人(17) (講談社コミックス)

 

 第三位は「僕だけがいない街(6)

僕だけがいない街(6)<僕だけがいない街> (角川コミックス・エース)

僕だけがいない街(6)<僕だけがいない街> (角川コミックス・エース)

 

トップ3はどれも漫画ですね。トップ10に広げてみても、8冊は漫画です。恐らくアフィリエイトをしている方なら「おすすめ漫画TOP100」とかいう企画をやっている方も多いと思いますが(私も似たような記事を書きましたが...)、Kindle本の方がAmazonでは購入する方が多そうです。恐らく、気軽に読めて、かさばらないことが漫画との付き合い方として良いんでしょう。漫画のリンクを張るならKindle本一択ですね。 

ギフトカテゴリー

あまり私個人としてはギフトでAmazonは使わないんですが、どんな商品が送られているのかといえば、

第一位「THERMOS 真空断熱タンブラー2個セット」 

 第二位「ファンルームDX アクセサリーセット

ファンルームDX アクセサリーセット

ファンルームDX アクセサリーセット

 

 第三位「Kindle Paperwhite

Kindle Paperwhite (第6世代)  Wi-Fi、キャンペーン情報つきモデル

Kindle Paperwhite (第6世代) Wi-Fi、キャンペーン情報つきモデル

 

第一位はガチで人気な商品だと思います。THERMOSのタンブラーは本当に使いやすいし良いとよく聞きます。ですが、ランキングを見てみると、ほとんどがDS用のゲーム、おもちゃ類が占めています。恐らく、孫に対しておもちゃやゲームを送るおじいちゃん、おばあちゃん世代がギフトを使っていることが分かります。Kindleも文字の大きさを調節できますから、老眼の方にも文章が読みやすいということでランクインしている様子がうかがえます。

おもちゃ、ゲーム類であれば、比較的おじいちゃん、おばあちゃん世代に向けた文章や記事構成にして商品を紹介していく方が、良いかもしれません。 

レビュー高評価カテゴリー

このレビュー高評価のカテゴリーなのですが、

「食品&飲料」「お酒」「ドラックストア商品」「コスメ・化粧品」「ベビー&マタニティ」「ホーム&キッチン」「家電」「ペット用品」

と、あまりパッとしないカテゴリーが集められている気がします...。ピックアップして見ていきます。
 

「食品&飲料」

www.amazon.co.jp

ココナッツオイルが4つもランクインしてる...。

あとはお水と健康志向商品系の稀少糖やらチアシードがランクインです。やはり健康食品系は根強い人気がありますね。しかもこういうジャンルは大体口コミで広がりますから、レビューが高くなるのも頷けます。

「こんなに多くの人が良いって言ってるのに悪い商品であるはずがない。」というバイアス(片寄り)がかなり影響して、指数関数的にレビューの点が上がる感じでしょうかね。

 

「ドラッグストア商品

www.amazon.co.jp

プロテイン関連が4つもランクインしてる...。

最近みんな筋トレに目覚めてるんでしょうかね。しかも安定のSAVASのプロテインですか。ふむふむ。あとはにおいケア商品や排水管の洗浄剤、ハッカ油など今ある問題を解決する為の商品が多いのが特徴ですね。 

ミュージックカテゴリー

www.amazon.co.jp

最近はめっぽうCDとか買わない私ですが、

第一位「私のドリカム」

DREAMS COME TRUE THE BEST! 私のドリカム

DREAMS COME TRUE THE BEST! 私のドリカム

 

 第二位「REFLECTION」

REFLECTION{Drip}初回盤

REFLECTION{Drip}初回盤

 

 第三位「PLANET SEVEN」 

PLANET SEVEN (CD+DVD2枚組)

PLANET SEVEN (CD+DVD2枚組)

 

あれ、AKBは?と思ったんじゃないですかね。私もそう思ったんですが、20位までのランキングにAKBグループはひとつも入っていませんでした。握手券とかついてないんですかね?それとも大量買いするからAmazonは利用しないとか?とにかくAKB系列はAmazonでそこまで売り上げがないようです。

TOP3には入ってないですけど、大半をジャニーズが占めているので、CDを売るなら女性向けにジャニーズを押したほうが良いかもしれませんね。 

DVD・ブルーレイカテゴリー

www.amazon.co.jp

このカテゴリー名を聞いて、映画を想像していましたが、ランキングはというと、

第一位「ARASHI LIVE TOUR 2014 THE DIITALIAN(初回限定盤)

※今は初回限定盤を扱っていないので、リンクは通常版です。

ARASHI LIVE TOUR 2014 THE DIGITALIAN(通常盤) [Blu-ray]

ARASHI LIVE TOUR 2014 THE DIGITALIAN(通常盤) [Blu-ray]

 

 第二位「ARASHI BLAST in Hawaii(初回限定盤)

 ※今は初回限定盤を扱っていないので、リンクは通常版です。

ARASHI BLAST in Hawaii(通常盤) [Blu-ray]

ARASHI BLAST in Hawaii(通常盤) [Blu-ray]

 

 第三位「2014 ConcertTour Kis-My-Journey(初回生産限定盤)」

2014ConcertTour Kis-My-Journey (初回生産限定盤) (DVD3枚組)

2014ConcertTour Kis-My-Journey (初回生産限定盤) (DVD3枚組)

 

ミュージック部門とほぼ似たような形でジャニーズが非常に多いです。映画は上位にほとんどありません。あっても、ベイマックス、アナ雪など、とても話題になった作品ばかりです。普通の映画を紹介してもそこまで情報を求められていないのかも知れませんね。 

AV機器&携帯電話アクセサリ総合

アフィリエイト業界では結構ホットで売り上げもいいこのカテゴリーですが、

第一位「Anker プレミアムライトニングUSBケーブル」

第二位「【Hanye Tech】iPhone5 USB ライトニングケーブル 【高品質】」

 

第三位「Hantye Tech iPhone6 4.7インチ用液晶保護強化ガラスフィルム」

ライトニングケーブルやケーブル類が非常に多く売れていますね。おそらくカバーやフィルムなどは実物を見て買いたいという心理が働いて、あまりAmazonでは売れないのかも知れません。ですが、第三位のHanye Techというメーカーのフィルムが唯一ランクインしており、コスパの良さが売り上げに繋がっていると予測できますね。

 

おわりに

毎年恒例のこのAmazonランキング大賞ですが、このランキングから、ユーザーがどのようなものを求めているのかというトレンドが読み取れることが多いです。ニーズと供給のバランスをしっかりと調整してあげることが、人気記事、アフィリエイトに繋がると思いますので、ご自分でもよくチェックしてみることをオススメします。では、また。

Copyright© 2015-2016 life-abstract.com All Rights Reserved