読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読んだら忘れない読書術 樺沢紫苑【おすすめ本 書評/レビュー】

Books Books-書評

皆さん本って読んでもなかなか内容を覚えてないことって多くないですか?

こちらの記事では効率的に本の内容を頭に入れる方法を紹介していますが、

  

ibookwormer.hatenablog.com

 

もっとしっかりと【読書術】について知りたい!

という方におすすめの本がありますので紹介してみます。

 

 

 読んだら忘れない読書術 樺沢紫苑

                

 

著者の樺沢紫苑さんは精神科の医師です。ご専門はうつ病や自殺についてのようですが、樺沢心理学研究所というものも設立されているようです。(お金持ちでうらやましいですね...。)

 

つまり脳内物質やシナプスの働きなど、脳の活動についてはエキスパートです。しかも医師の先生ですから現場で使えない、実践できないような方法はまず語らないはずです。

 

 

内容はというと、

 

いかに本を読むことが大切なのか

自分はどんな風にしているのか

 

と先生の実践に沿った内容が数多く記載されています。

 

中でも

 

「本を読んだら1週間に3回アウトプットしよう」

 

というのが印象的です。

 

①本を読みながらメモを取る、マーカーを引く

②本の内容を人に話す、勧める

③本のレビューを書く

 

のような手順を本を読んで早いうちにすることが、記憶定着を促してくれるようです。

 

また、隙間時間を活用することで記憶にとどめることや、心を動かすことで記憶にとどめるということを推薦されています。

 

私がおすすめしている本の多くがそうですが、

この本でもかなり他の本の引用や参考文献などが細かくまとめられて記載されており、

次にどんな本を読んだらいいのか?参考の本を読んでみたい!といった読者の要望に応えてくれるような作りになっています。

 

プレゼンについて書いている章もあり、その中で紹介されていた『プレゼンテーションZEN 第2版 』は気になって購入してしまいました。

 

おわりに

たくさん本を読む人にはぜひ読んでほしいこの本。この本を読んでからはきっと読書の充実度が増すはずです。樺沢さんも作中で書かれていますが、本を買うことは貯金しているよりよっぽど有用だと私も非常に思っています。

 

どちらかといえば紙の本の方が好きなので(気軽に書き込めるし、紙の質感が好きなのと、全体をざっと見ることができる辺りが)、買いすぎて本を置く場所にかなり困っています...。笑 でっかい本棚が欲しいんですが、高いし、引っ越しするときに寸法が合わないと困っちゃうなーと考えてまだ購入出来てないです。

 

では、また。

 

 

 

 

 

 

 

Copyright© 2015-2016 life-abstract.com All Rights Reserved