読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ストレス解消や発散は古い!?「ストレスを力に変える教科書」で受け入れる時代に!【おすすめ本 レビュー】

Books Books-書評

みなさんこんにちは、Ichiです。

今日ご紹介するのは「スタンフォードのストレスを力に変える教科書」です。

いわゆる自己啓発系の本かと思われがちですが、どちらかと言えば実に研究的なお話を中心にサイエンスのエッセンスを感じられる著書になっています。

ストレスというものは長年、憎悪の対象となってみんなに嫌われていましたが、ホントは良い奴で、私たちが悪い奴だと思い込んでいるから悪い影響を受けていたとしたらどうでしょう?

薬のプラセボ(偽薬)効果で知られるように、思い込みはとても強い力を発揮します。
この書籍を読んで、いかに私たちがストレスを敵だと思い込んでいたのか実感してみましょう。

目次

1.どんな本?あらすじは?

この本の主題は、ストレスに対する認識を変えることです。

様々な研究の末に、ストレスに対しての考え方を変えることがとても健康に良いということが明らかになったことを徹底的に教えてくれます。

f:id:ibookwormer:20160303112728j:plain

昔:ストレスは身体に害だ!ストレスを無くすためにはどうしたらいいか?

今:ストレスは身体を状況に合わせて調整してくれるんだ。うまく付き合おう!

つまり上記のような考え方の変化を行うべきだということを様々な事例を通して、研究成果とともに丁寧に書かれています。

 

2.他の本と比べてどこがすごい?どこが面白い?

今までの私たちが考えていたストレスに対する考え方とは、真逆になるようなことが多々載っていて、眺めているだけで「すごい」というのが正直な感想です。

実際にストレスに対する考え方の違いで、平均寿命にまで違いが出てくるような研究データが出ていますし、1つ1つのデータが面白いです。

また、普通の考え方を示すような自己啓発本とは違うのが、示される情報の信頼性の高さです。単純に言われたのでは信じられないような話でも、しっかりと研究の手法が示されたデータをもとに語られているので、納得できるような話が多いのも本書のすごさかと思います。

 

3.この本の1番の魅力的なポイントは?

本書の1番魅力的なポイントは、読み進めながら自分のストレスに対する考え方を改めることが出来る点です。

ここで間違ってほしくないのは、ただ知識が書いてある本とは違って、実際にするべき行動が書いてあるチェックリストとTIPS(ヒント)が書かれていて、それに当てはめて自分の生活を振り返ることが出来るということです。

f:id:ibookwormer:20160303121512j:plain

自分がストレスに対してどんな印象を持ち、どう対処してきたのか、そして今後はどういう風に考えていったら良いのか。そういったことを各章ごとにゆっくりと自分で考えながら進めることが出来るような構成になっています。

ぜひ「後でやろう」と思って読み進めるのではなく、ペンとノートを用意して、実際にやりながら読んでみることをおすすめします。

 

4.筆者はどういう人?

著者のケリー・マクゴニガルさんはスタンフォード大学で健康心理学を研究している先生です。彼女が一躍有名になったのは、2013年にTEDというプレゼンテーション番組に出演したことがきっかけでした。

彼女の研究の専門領域は「健康心理学」で健康に関する様々な影響を心理学の観点から明らかにする学問です。

今ではストレスは健康に役立つということを主軸に研究を展開しているようですが、昔は彼女自身もストレスは身体に害があるということを教えていたようです。まさに真逆の考え方にたどり着いた「パラダイムシフト(価値観の転換)」の良い例ではないでしょうか。

 

5.本からどういう事を学んだ?

この本自体がほぼ全て学びに直結する内容ですが、
特に学びになったのは「プレゼン」におけるストレスとの付き合い方の部分です。

私自身は大学院生で、プレゼンの機会が多くあるので、緊張やストレスを感じる機会は多々あります。本書を読むまでは、そのストレスがパフォーマンスを低下させるものだと勝手に思い込んでいました。

ですが、今では心臓のバクバクした高鳴りも周囲の音が聞こえにくくなるような反応も、全て私の身体がチャレンジに対して最高の状態にしてくれているんだと思う様にしています。

やはりこういう思い込みは発表の自信に繋がる部分もあって、実際に上手くいっているような気がしています。プレゼンに関する詳細な研究データも本書に載っているので、その部分もぜひ読んでいただきたいです。

本ブログでもプレゼンのコツについて書いているので、こちらの記事も参考にどうぞ。


6.似たような本や読みたいと思った本は?

似たような本としては、
同じ著者が執筆している「スタンフォードの自分を変える教室」があります。

こちらの本は「ストレスを力に変える教科書」の前に出版された本で、こちらが60万部売れたベストセラーになったことで恐らく本書が出版される流れになったと思われます。

自分を変える教室では「意志」について考えることで「行動」に影響を与えるということをテーマに自分を内省できる機会を与えてくれるような本になっているようです。恐らく自身の研究を元に、様々なデータを交えて語ってくれると思うので、こちらも面白いでしょう。

 

おわりに

一見すると読みにくそうな本だと感じる方もいるかもしれませんが、そういう方は各章の自分を振り返るステップの部分だけやってみるのはどうでしょうか?その部分を実践するだけでも自分の行動や意識を変えていく手助けになると思いますよ。では、また。

Copyright© 2015-2016 life-abstract.com All Rights Reserved